ローフードは野菜や果物などを低温で調理したものをいいます。
ローフードはデリケートな栄養素である食物酵素を壊さないために低温で調理した食材のことをさします。

ローフード=生で食べる食事法

と、考えるとわかりやすいですね。

Sponsored Link




なぜ低温で調理するの?

食物酵素は消化を助ける働きがあり、約48度を超えて過熱をすると壊れて作用しなくなってしまうからです。
食物酵素は食物を吸収する際に消化酵素の働きを助けます。

消化酵素を大量に使ってしまうと、新陳代謝が活発におこなえなくなってしまうため、消化酵素をなるべく減らさない調理が望まれます

どんな食べ物がローフードなの?

gerg

たとえば、代表である野菜サラダです。野菜を生のまま食べますし、お刺身も魚を生のまま食べます。

グリーンスムージーなども野菜や果物を生のまま摂取するため、ローフードということになります。グリーンスムージーは、繊維質をこまかく粉砕して口に入れるため、酵素の摂取がさらにスムーズになり、ローフード生活に最適な飲み物と言えます。

新鮮な野菜や果物のほか、低温で調理するという意味の“ロー”の範囲内で作られた加工食品もローフード的な食材です。たとえば、ローカカオ。これはカカオ豆を焙煎する工程で、高温にならないように配慮して作られたものです。マヌカの蜜を採取しただけのマヌカハニー、メープルの樹液を低温で煮詰めて作ったメープルシロップなども、ローフードの食材になります。

ローフードで若返り?

ローフードを食べる続けることで、身体の中では食物酵素によって食物が自己消化されます。消化酵素の働きが少しですむので、十分な代謝酵素が働き、新陳代謝が活発になります。ローフードを継続することで、心身の健康や若々しさを取り戻し、キレイに、活き活きと輝く毎日を送れるようになります。

ローフードマイスター検定で更なる知識の習得を

スポンサーリンク

Sponsored Link

日本リビングビューティー協会認定の「ローフードマイスター検定」というものがあります。
”人間は内外の環境さえ整えば、自然治癒力が最大限に発揮される”というナチュラルハイジーンの哲学にもとづいた”食”を追求するものです。食をコントロールして、自然治癒力を高める。そして、体内から毒素や老廃物を取り除き、身体の中からキレイになるというものです。

ローフードマイスター検定のようなものでデトックスの知識を身に着けるのもいいですね。
あなたもローフードで若返りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。