2017年1月20日にトランプ大統領が誕生しましたね!

トランプ政権のスタートとなった訳ですが、そんな中、トランプ大統領の娘イヴァンカさんのご主人であるジャレッド・クシュナー氏が、ホワイトハウス大領領上級顧問に就任しました。

いったい、どんな役割をもった仕事なのでしょうか?

また、実業家としても成功をおさめているジャレッドさんの気になる資産や収入についても調べてみましたよ!

今回は、ジャレッド・クシュナー氏についてお届けしたいと思います。

 

スポンサーリンク

ジャレッドクシュナーの資産や収入は?

名前:ジャレッド・コーリー・クシュナー(Jared Corey Kushner)

生年月日:1981年1月10日(36歳)

出身地:アメリカ合衆国ニュージャージー州

出身校:ハーバード大学卒業・社会学士取得、ニューヨーク大学卒業・法務博士取得

 

ドナルド・トランプ大統領の長女・イヴァンカさんのご主人であるジャレッド・クシュナー氏。

美男美女のカップルとして大変注目されていましたね!

【関連記事】イヴァンカ・トランプの本当の母親は誰?夫や娘・息子の可愛い画像も!

 

そんなジャレッドさんご自身も事業で大成功をおさめています。

まず、名門ハーバード大学に在籍中に、マサチューセッツ州ソマービルにある建物の売買で2000万ドルの利益を得ることに成功し、この利益を使い、2007年、経営不振に陥っていた新聞週刊誌出版社『ニューヨーク・オブザーバー』を1000万ドルで購入します。

ジャレッドさんは、『ニューヨーク・オブザーバー』を紙媒体での提供をやめ、ウェブサイトでのニュース提供を開始。

この改革が成功し、2013年には読者が130万人に達し、見事に黒字経営に転換したそうです。

オンライン時代の到来を見据えた、先見の明があったということでしょうね!

同時期にクシュナー・カンパニーで、ニューヨーク市マンハッタンにある『666フィフス・アベニュービル(666 Fifth Avenue)』を18億ドルで購入しますが、その後、持ち分の多くを手放してからは、土地価格の高い物件を避け、今後の価値が上がりそうなソーホー地区などの物件を扱うなどして成功をおさめます。

また、2008年には、クシュナー・カンパニーのCEOにジャレッドさんが就任。

その後、2013年から2014年にかけては、ニューヨーク、ニュージャージー、ボルチモアの各地域で11000件以上の物件を取得しました。

2015年には、『アフリカ・イスラエル・インベストメンツ・リミテッド』から、『タイムズスクエア・ビルディング』の50.1%を2億9,500万ドルで購入したそうです。

こうして、ざっと見ただけでも、かなり事業に成功しているであろう、ジャレッド・クシュナーさんですが、そこで気になるのが、ジャレッドさんの資産や収入が、どのくらいなのかですよね!?

調べて見たとこ、ジャレッドさん個人の資産は不明でしたが、クシュナー・カンパニーの資産は、約58億ドルとも言われているようです。

日本円に換算すると、約7000億円!(1ドル=120円)

もちろん、この額の全てがジャレッドさんの物ではありませんが、相当額が個人の取り分になるのではないでしょうか?

もちろん、これ以外にも、個人的な投資の配当が収入としてあるでしょうから…まあ、お金持ちなのは間違いないですね!

ちなみに、奥様のイヴァンカさんの個人資産は約1.5億ドル(180億円)と言われていますから、それよりも多いと推測されますが、いかがでしょうか?

【関連記事】イヴァンカトランプのやりたい活動は?ブランドはアメリカ国内で依頼?

 

仮に、イヴァンカさんと同額だったとしても、夫婦合わせて3億ドルですからね!

ご夫婦揃って、優秀な実業家というのはすごいですよね。

イヴァンカさんも父のトランプ氏も母のイヴァナさんも凄腕の実業家ですし、ジャレッドさんの父親のチャールズ・クシュナー氏も有名な不動産投資家でしたから、お二人とも経営者として成功する遺伝子を受け継いだのでしょうね!

ということは、ジャレッドさんとイヴァンカさんのお子さんたちは、将来もっと素晴らしい実業家になる可能性もあるということでしょうか?

そういえば、お二人の長女のアラベラ・ローズちゃんが、ピコ太郎さんの『PPAP』を歌っている動画が話題になったこともありましたね。

何かと話題なるご家族ですから、これからも、ジャレッド・クシュナー一家に注目が集まることは間違いなさそうですね!

【関連記事】イヴァンカ・トランプのインスタでPPAP動画?娘のアラベラが可愛い!

 

ジャレッドクシュナーやトランプ一族が反縁故法に抵触?

スポンサーリンク

さて、トランプ氏が、第45代アメリカ合衆国大統領に就任したことで、閣僚も一新されましたね。

その中で、『大統領上級顧問』にトランプ大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナーさんが指名され、大変注目を集めたようです。

注目が集まった理由ですが、ジャレッドさんがトランプ大統領の身内であることから、『反縁故法』に抵触するのでは?と指摘されたためと見られます。

これは、『公職者が“自ら勤務する、もしくは管轄あるいは統括する政府省庁の文民ポスト”に、親類を推挙してはならない』と定めているもの。

だだ、同法は、大統領が親類を閣僚ポストに選ぶことを禁止していますが、今回のジャレッドさんの顧問のような閣外ポストにも適用されるかどうかは、前例がないとのこと。

これに対しては、ジャレッドさん側は、顧問の給料を受け取らない考えで問題ないと主張しているそうです。

同時に、ジャレッドさんは、自身の経営する『ニューヨーク・オブザーバー』や不動産事業と役職から離れたことを発表したようです。

これも、国政に関わることで懸念されている、『利益相反』を回避するためと思われ、妻のイヴァンカさんも副社長を務めていた『トランプ・オーガナイゼイション』や、自身のファッションブランド『イヴァンカ・トランプ』から身を引いています。

ちなみに、イヴァンカさんは、ホワイトハウスで公職に就く予定はないとのことですが、トランプ大統領夫人のメラニアさんが、当面はニューヨークに留まるとのことで、ファーストレディー代理をイヴァンカさんが務めるのでは?と言われているようですが、どうなるのでしょう?

そちらも気になりますね!

【関連記事】メラニアトランプのやりたい活動は?ファーストレディーの仕事や給料

【関連記事】トランプ大統領就任式でネクタイの色は赤青を使い分け☆引っ越しの裏側も!

 

ジャレッドクシュナーが就任するホワイトハウス上級顧問ってどんな仕事?

ところで、ジャレッドさんが就任した、この『大統領上級顧問』とは、どのような仕事なのでしょうか?

調べて見たところ、『大統領顧問』には、

 

1.法的な問題についての顧問である Counsel to the President (en:White House Counsel)

2.政治的な問題についての顧問である上級顧問(en:Senior Advisor to the President)

 

の2種類があるようです。

1は、単に『大統領顧問』と訳す場合が多く、その職務の内容に着目して『大統領法律顧問』と訳される場合も多いそうです。

今回、ジャレッドさんが就任する『大統領上級顧問』は、2にあたるようですね。

また、ジャレッドさんの『大統領上級顧問』としての仕事内容は、主に、通商・中東政策担当をすると言われています。

一般的な『大統領顧問』の職務としては、さまざま事項について大統領に助言する責任を負うそうです。

たとえば、政策上の問題における全ての法的な側面や倫理上の問題、財務上の開示など。

また、公的な活動と政治的な活動との境界線を明確にしたり、行政や司法の人事(指名や選択)の監督なども行うそうです。

大統領恩赦の取り扱いや、司法省へのホワイトハウス側の窓口も担当もするそうですから、広い分野での経験者や識者が集められるのではないでしょうか?

今後、『大領領上級顧問』としてのジャレッドさんは、大統領首席補佐官に就任するラインス・プリーバス共和党全国委員長、首席戦略官兼上級顧問に就くスティーブン・バノン氏と3人でチームを組み、指導的な役割を果たすとのこと。

ジャレッドさんは、選挙期間中からトランプ氏に信頼され、選挙後も重要な会議に同席し、政権移行チームで閣僚の人事にも深く関与していたそうですが、これらの人事が上手くいくかどうかは、実際に動き出してみないと分からないと専門家はみているようです。

とはいえ、政治未経験者と言われているトランプ大統領ですから、周りが上手く舵取りをして、良い方向にアメリカが進んでくれることを世界中の人が願っていると思います!

その舵取りの内の1人として、ジャレッド・クシュナー氏にも大きな期待がかけられるのではないでしょうか。

 

まとめと感想

スポンサーリンク

ジャレッドクシュナーの資産や収入は?ホワイトハウス上級顧問ってどんな仕事?についてまとめてみましたが、どうでしたか?

トランプ大領領の娘・イヴァンカさんのご主人であるジャレッド・クシュナー氏。

大学生時代から不動産事業を手掛け成功を収めたジャレッドさんですが、その資産や収入について調べてたところ、詳しい額は分かりませんでしたが、やはり巨額のようでした!

しかし、『大統領上級顧問』に就任したことにより、ジャレッドさんだけでなく、妻のイヴァンカさんも、すべても事業経営からから身を引かれたようです。

今後は、トランプ政権の一員として国に貢献していくと思われる、ジャレッド・クシュナー氏。

これからのアメリカの行方に大きく関わると思われているだけに、ジャレッドさんの動向にも注目が集まりそうですね!

【関連記事】ドナルドトランプ大統領の若い頃の画像や家族&昔の歴史を総まとめ!