アメリカ合衆国大統領夫人となった、メラニア・トランプさん。

ファーストレディーとして、メラニアさんがやりたい活動は、どのようなものなのでしょうか?

また、メラニアさんはニューヨークに留まるとの話もありますが、その場合のファーストレディーの役割はどうなるのか?

さらに、ファーストレディーの仕事内容や給料、ランキングについても調べてみました!

今回は、メラニア・トランプさんについてお届けしたいと思います!

 

スポンサーリンク

メラニアトランプがファーストレディー!仕事や給料は?

2017年1月20日、第45代アメリカ合衆国大統領に就任したドナルド・トランプ氏。その就任式には、トランプ氏のご家族も勢揃いしていましたね!

美人で才女と評判の娘・イヴァンカさんや、その夫で政権移行チームでも活動していたジャレッド・クシュナー氏、その他の子供たち。

10歳の息子・バロン君は、退屈だったのかあくびをしていましたね!

そんな中、大統領夫人となったメラニアさんの姿が美しいと好評だったようです。

当日、元モデルのメラニアさんがまとったラルフ・ローレンのパウダー・ブルーのドレスは、ジャクリーン・ケネディを彷彿させると絶賛されましたし、舞踏会で着用した白のオフショルダードレスも、メラニアさんのスタイルの良さを引き立てていました!

【関連記事】メラニアトランプ夫人のファッション画像まとめ!元モデルでお洒落

【関連記事】メラニアトランプ夫人【舞踏会画像】ドレスの色やブランド、オーダー価格は?

 

美しいファーストレディーの誕生ですね。

ところで、このファーストレディー、一般的には、国家首脳(大統領や首相)の夫人を指す言葉なのは、よく知られていると思いますが、実際にはどのような役割を担っているのでしょうか?

各国によって違うと思いますが、今回はアメリカ合衆国ファーストレディーについて調べてみたので、ご紹介しますね。

 

ファーステレディーはホワイトハウスのホステス

まず、ファーストレディーの役割のトップは、ホワイトハウスのホステス役。

賓客を様々な面でのおもてなしをする訳ですが、一番注目されるのは、ホワイトハウスで行われる晩餐会ではないでしょうか?

国賓の為に行われるディナーな訳ですから責任重大ですよね!

ちなみに、前大統領夫人のミッシェル・オバマさんは、国賓晩餐会で賓客の国のデザイナーのドレスをその都度、特注していたそうですし、ディナーの演出を賓客の国風にしたりと、さまざまな工夫を凝らされたようです。

このミッシェル・オバマさんによる、他国の賓客が少しでも寛いで過ごせるようにという心遣いにあふれた演出は、大変好評だったとのこと。

また、国賓が家族を同行した場合、その家族のお相手などもするようです。

 

次に、夫である大統領の補佐があります。

公式行事に大統領に同伴したり、時には大統領の代理としての出席が挙げられますね。

【関連記事】トランプ大統領就任式でネクタイの色は赤青を使い分け☆引っ越しの裏側も!

 

ファーストレディの役割は社会貢献

そして、自身が関心を持つ社会貢献活動の推進も、ファーストレディーの役割の通例となっているようです。

かつてのファーストレディーの活動を例にあげると、第42代大統領夫人のヒラリー・クリントンさんは、公的医療皆保険制度を導入するためにアメリカの医療制度を改革しようとしたそうです。

第43代大統領夫人のローラ・ブッシュさんは、女性の権利向上のための団体の支援、未成年者のリテラシー向上のための試みを奨励しました。

前大統領夫人のミシェル・オバマさんは、軍関係者家族の支援、未成年者の肥満対策に取り組んだとのこと。

みなさん、アメリカ社会にとって有益となるよう、多くの時間を割いていたようですよ。

スポンサーリンク

これら以外にも多くの仕事を抱えていると思われますが、以上が、アメリカのファーストレディーの主な役割や仕事になります。

こうしてみると、仕事内容は多岐にわたり、責任感や意欲が高くないと難しそうなことばかりですよね。

しかも、ファーストレディーには、給料といったものは、一切ありません!!

なぜかというと、ファーストレディーは選挙で選ばれるものでも公務員でもないからなのです。

大統領夫人としての義務と言えるのかもしれませんね。

アメリカのイメージアップや社会に貢献し、夫である大統領の補佐もして、でも無給…。

それでいて、常に期待され注目されている、一国のトップの妻であるファーストレディーという立場は、やはり重いようですね!

今回はアメリカを例にあげましたが、自国のために何かしたいと思う気持ちは、どこの国のファーストレデイも同じはず。

夫(大統領や首相)と二人三脚で、国のために尽力しているであろう、各国のファーストレディーを、これからは応援したいですね!

 

メラニアトランプがファーストレディー!ニューヨークに残る!?

さて、上にも書いた通り、ファーストレディーの役割は多岐に渡っていて、しかも責任重大!

新たにファーストレディーとなったメラニアさんは、今後、どのような活動をするのか注目ではないでしょうか?

ところが、そのメラニアさんですが、どうも、当面はワシントンのホワイトハウスには居住せず、ニューヨークにそのまま残るということになっているようです。

理由は、息子のバロン君を学期の途中で転校させたくないためとのこと。

まあ、子供を転校させたくない気持ちはわかりますが、ワシントンから離れたニューヨークにいて、ファーストレディーとしての活動ができるのか気になりますよね?

まあ、距離的にいって、無理なことが多いと思われますが、それについてはどうなのでしょう。

どうやら、ファーストレディーは、伝統的に大統領夫人に与えられてはいますが、大統領が独身だったり、または大統領夫人が役割を果たすことができない場合は、大統領がふさわしいと判断した女性にその代理を依頼することができるようなのです。

そして、メラニアさんの代理として、ファーストレディー役を務めるのではないか?と言われているのが、トランプ大統領の娘のイヴァンカさん!

まだ、正式な発表などはありませんが、イヴァンカさん家族は、すでにワシントンに居住を決めていることや、イヴァンカさん自身のファッションブランドとトランプ氏の企業の経営から身を引いたことから、可能性は高いのではないでしょうか?

ファーストレディーならぬ、ファーストドーターというべきイヴァンカさん。

既に注目されてはいますが、今後はさらに注目の的となりそうですね!

【関連記事】イヴァンカ・トランプの本当の母親は誰?夫や娘・息子の可愛い画像も!

【関連記事】イヴァンカトランプのやりたい活動は?ブランドはアメリカ国内で依頼?

 

メラニアトランプがファーストレディー!やりたい活動は?

ニューヨークに残ることになったメラニアさんですが、理由がバロン君の学校の為ということですから、いずれはホワイトハウスに移ることも考えられますよね?

その場合、イヴァンカさんからメラニアさんにファーストレディーの立場を戻すことになるのでしょうか?

そうなったとしたら、ファーストレディーとしてのメラニアさんも、社会貢献活動をすると思われますが、何かやりたい活動はあるのでしょうか?

そこで、メラニアさんに向いていそうな貢献活動を、考察してみました!

 

まず、メラニアさんは、息子のバロン君の養育に非常に熱心だそうです。多くのお金持ちが、子供の世話係りを雇う中、メラニアさんは他人にバロン君を託さず、自分でお世話をしたとのこと。

父親のトランプ氏が仕事で忙しい分、バロン君に寂しい思いをさせないように母親である自分が傍にいるといった気持ちだったと思われます。

このことから、元モデルという華やかな職歴を持つメラニアさんですが、非常に家庭的な女性なのではないかと推測しました。

子供を育てる大変さを知っているメラニアさんであれば、きっと、幼児や児童の育成や教育にも関心を持たれるのではないでしょうか?

または、ファッションについて詳しいメラニアさんは、自身でジュエリーや腕時計をデザインをしているそうですから、そういった方面での、若者への職業支援なども向いているのかもしれませんね。

もちろん、周りがあっと驚く方面で活動をされるかもしれませんし、これはメラニアさんの手腕次第。

メラニアさんとバロン君が、当面はニューヨークに留まるということで賛否両論あるようですが、ファーストレディーになってからのメラニアさんの活動に期待したいと思います。

【関連記事】メラニアトランプ夫人の若い頃の画像!経歴や大統領との馴れ初めは?

 

メラニアトランプがファーストレディー!ランキングがある!?

ファーストレディーについていろいろお届けしましたが、なんと、アメリカのファーストレディーにはランキングまであるそうです!

これは、シエナ大学のシエナ総合研究所が、ケーブルサテライト広報ネットワーク(C-SPAN)、ホワイトハウス歴史協会の歴史家達と合同でファーストレディーに関する総合的な研究を行ってきたもので、歴代アメリカ合衆国大統領のランキングや、歴代アメリカ合衆国ファーストレディーの採点も行っているとのこと!

これまでに1982年、1993年、2003年、2008年、2014年の5回にわたって歴史家や政治学者らに尋ねる調査を実施してランキングを作成したそうです。

ファーストレディーだけでなく、大統領のランキングまであるとは、さすがアメリカですよね!

存命の元大統領や元ファーストレディーにとっては、戦々恐々なのでは…。

さて、その評価の対象項目は、家柄、国家への価値、誠実さ、指導力、ホワイトハウスのホステス度、女性らしさ、業績、勇気、公衆イメージ、大統領への価値という10項目。

これによると、第32代大統領夫人エレノア・ルーズベルトが5回連続で1位を獲得しているそうです。

最新の2014年のランキングでは、5位にミシェル・オバマさん、6位にヒラリー・クリントンさん、12位にローラ・ブッシュさんと、直近で3代前までのファーストレディーの方々は、まあまあ良い成績を収めているようです。

そして、新たにこの中に加わるであろう、メラニア・トランプさん(またはイヴァンカ・トランプさん)。

次回のランキング発表がいつかは未定のようですが、なるべく良い評価を得られるよう頑張って欲しいですね。

 

まとめと感想

スポンサーリンク

メラニアトランプのやりたい活動は?ファーストレディーの仕事や給料についてまとめてみましたが、どうでしたか?

ファーストレディーの仕事は、多岐に渡っていて、そのどれもが責任が重いものばかりなのですが、なんと無給だということです!

そんな中で、メラニアさんがファーストレディーとして、やりたい社会貢献活動はあるのか?似合いそうな活動を考察してみました!

しかし、当面はニューヨークに留まるというメラニアさん。

メラニアさんの代理として、娘のイヴァンカさんがファーストレディーの役割を果たすのでは?と言われているようですが、どうなるのでしょうか?

今後も、ホワイトハウスの女主人の動向から目が離せませんね!

【関連記事】ドナルドトランプ大統領の若い頃の画像や家族&昔の歴史を総まとめ!