鈴木誠也選手が2017年に開催されるWBCの日本代表!侍ジャパンのメンバーに選ばれましたね。

 

打撃が注目されていますが、実は守備力と肩が脅威!

 

また年俸推移やブレイクの理由は何だったんでしょうか?

 

 

2016年、最もブレイクしたプロ野球選手鈴木誠也さんについて掘り下げてみたいと思います!!

 

スポンサーリンク

鈴木誠也【2017WBC】守備力と肩が脅威!

鈴木誠也選手は、打撃が注目されていますが、実は守備力と肩の評価がものすごく高い選手です。

 

2016年『プロ野球選手が選ぶ、最も肩の強いプロ野球選手ナンバー・ワン』に選ばれました。

 

鈴木選手のポジションはライト(外野)です。レーザービームが代名詞のイチロー選手と一緒ですね!

 

 

2016年シーズンは捕殺を一度も記録していませんが、その理由が驚異的・・その理由は、

 

走塁コーチがランナーを止めることが頻発したため。

 

という脅威のもの。(笑)

 

鈴木選手の肩が強くて、ランナーをアウトにされる危険性が高いため、走らせなかったということですね。

 

鈴木選手の肩に関しては、中継でカットに入る広島の菊池選手も「中継(カット)に入るのが怖い」と言うほど、凄い球を返球するようです。

 

WBCでもアメリカのランナーを釘付けにしてほしいですね♪(*^^*)

 

鈴木選手の肩に注目です!!

 

鈴木誠也【2017WBC】の年俸推移やブレイク理由は?

鈴木選手のこれまでの年俸推移は下記の通りです。

 

年度 年俸
2013年 600万円
2014年 600万円
2015年 900万円
2016年 1700万円
2017年 6000万円

 

順調に年俸がアップしていますが、ブレイクのきっかけとなったのは、やはり2016年の活躍ですね。

 

この年に右翼のレギュラーを獲得し、129試合に出場

 

打率.335、29本塁打、95打点、16盗塁

 

という、ヤクルト・スワローズの山田哲人選手のトリプルスリーにも負けないほどの成績を残します。

 

➤山田哲人メジャー移籍?へすすむ

 

2016年6月には2試合連続サヨナラホームランを打った鈴木選手の活躍に対して、緒方監督が

 

『神ってる!!』

 

と、発言し、大きな話題にもなりましたね。(笑)

 

ちなみに、この年の流行語大賞も獲得しました。

 

鈴木誠也の打撃の師匠は内川聖一

 

鈴木誠也選手の打撃の師匠は、今回のWBC2017でも一緒に選出されている、ソフトバンクホークスの内川聖一選手なんです!

 

打撃不振に陥っていた鈴木選手は、2016年1月の自主トレから球界一の右バッターである内川選手に懇願し、一緒にトレーニングをするようになります。

 

それをきっかけに、

 

「教わったわけではないんですけど、内川さんは上から45度の角度でバットをボールに入れていた。軽く振っても打球が飛んでいく角度。あれをパクろうと。今年はずっと意識して打っています」

 

と打撃のコツを内川選手から盗み、それから打撃が急激に向上したようです。

 

師匠の内川選手は、鈴木選手の才能に関して、

 

「誠也はトリプルスリーを狙える」

 

と、実は早くから鈴木選手の才能を見抜いていたようです。

 

師弟コンビで挑むWBC2017楽しみですね!!

 

この大会中にも鈴木選手の急激なレベルアップにも期待できますね!!

 

まとめと感想

スポンサーリンク

鈴木誠也【2017WBC】守備力と肩が脅威!年俸推移やブレイク理由は?

 

どうでしたか?

 

鈴木選手が、WBCでメジャーの選手を塁上に釘付けにする姿や捕殺する姿を期待しています!!

 

きっとアメリカにもデータがいっているとは思いますが、それを含めて今から駆け引きが楽しみですね(*^^*)

 

 

まだまだ先の話しになりそうですが、私的には将来、鈴木選手は最もメジャーへ挑戦して欲しい選手の一人です。

 

現在でもハイレベルな走攻守でメジャーでも通用するほどと思っています!

 

さてさて、鈴木選手の今後の動向・・

 

 

どうなることでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

➤侍ジャパン【打順】へすすむ