いよいよ間近に迫ったWBC2017!侍ジャパンメンバーの背番号やレギューラーが誰になるのか気になりますね!

 

さらに、4番打者は誰になるのか?今回は、打順予想をしていきたいと思います!

 

ではでは、お楽しみください~♪

【関連記事】2017年WBC出場選手全員のプロフィール!侍ジャパン日本代表メンバー

【関連記事】2017年WBC侍ジャパンのヘッド・投手・守備走塁・打撃・バッテリーコーチは誰?

 

Sponsored Link




1  坂本勇人(巨人)

日本を代表するショート・ストップに成長した巨人軍の選手会長・坂本勇人選手

 

2016年シーズンはセ・リーグでは初となるショートとして首位打者を獲得

 

現在は28歳になり、野球選手として一番脂の乗った時期ではないでしょうか?

 

守備・打撃共にWBC2017年の侍ジャパンに欠かせない選手ですね!!

 

➤坂本勇人メジャー移籍は?へすすむ

 

2 青木宣親(アストロズ)

侍ジャパン入りへ参加表明をした1人目のメジャーリーガー青木宣親選手

 

WBC2017で優勝したい勝ちたい気持ちは人一倍強いのではないでしょうか?

 

メジャーリーグで5チームを渡り歩いた経験と、日米通算1965安打の実績は十分ですね。

 

侍ジャパンの中心選手として活躍を期待しています!!

 

➤青木宣親|頭部死球の影響は?へすすむ

 

3 山田哲人(ヤクルト)

侍ジャパンで一番競争の激しいセカンドのポジションを獲得し、クリーンナップの最初を打つのは山田哲人選手

 

2年連続トリプルスリーを獲得し、球界を代表する打者としてだけではなく、球史に残る打者に成長しましたね。

 

まだ24歳なので、今後の成長やどこまで記憶に残る記録を残していけるのか?楽しみは未知数です。

 

もしかしたら、このWBC2017で海外の評価が高まってメジャーリーグへ移籍の可能性も考えられますね!!

 

➤山田哲人メジャー移籍?へすすむ

 

4 筒香嘉智(DeNA)

侍ジャパンの4番は筒香嘉智選手押しです!!

 

あの巨人軍の名捕手・阿部慎之助選手が若い頃から認めていた存在ですが、日本を代表する打者に成長しましたね。

 

日本人スラッガーでは、貴重な左打者ということも決め手ですが、やはりこれまでの試合で結果を残していますからね!

 

それからザ・日本人という風貌や顔も個人的には大好きですね!第1回のWBCで4番を務めて活躍した松中信彦さんに似た感じです!!

 

➤筒香嘉智メジャー移籍?へすすむ

 

5 中田翔(日本ハム) 

侍ジャパンの打順で一番悩んだのが4番です。そしてその候補の中田翔選手!

 

人一倍負けず嫌いで、プライドの高い中田選手の4番にかける意気込みをかなり感じます。

 

正直、筒香選手と4・5番はどちらでもいいと思いますが、決め手となったのは、これまでの実績です。

 

これからWBCまでの練習や練習試合で結果を残して結果次第で決めるのもありだと思います!!

 

➤中田翔メジャー移籍?へすすむ

 

6 鈴木誠也(広島)

2016年に『神ってる』プレーでブレイクし、流行語大賞を受賞しました。

 

次世代の日本球界を背負う存在の鈴木誠也選手

 

打率(.335)、本塁打(29本)、95打点、16盗塁、長打率.612の打撃にも期待していますが、それ以上に期待しているのは守備です。

 

特に『肩』は、選手投票で球界一の評価をされています。1点を争うきわどい試合が予想されるWBCでは鈴木選手のバックホームの肩は貴重な武器になりそうです!!

 

➤鈴木誠也の脅威の肩へすすむ

 

7 DH 内川聖一

勝負強い打撃が特徴で、セパ両リーグで首位打者を獲得している内川聖一選手

 

いぶし銀のベテランで、これまでのWBCにも連続出場しているので経験も抜群

 

安定的な活躍が期待でき、おそらく小久保監督からの信頼が一番厚い選手ではないでしょうか?

 

若いメンバーの多い侍ジャパンの精神的な支柱としての役割も期待されていますね!!

 

8 嶋基宏(楽天)

侍ジャパン不動のキャッチャーといえば、楽天の嶋基宏選手ですね。

 

30歳を超え、ベテランの域に入ってきましたが、捕手としては現在が最高の状態ではないでしょうか?

 

元楽天で、ニューヨーク・ヤンキースのエースとして活躍する田中将大投手のWBC2017参加が決まれば、バッテリーを組むことになりますね。

 

個人的には、田中将大投手と嶋基宏選手のバッテリーで決勝のアメリカ戦を期待しています!!

 

9 秋山翔吾(西武)

侍ジャパンのラストバッターに秋山翔吾選手!!

 

出塁率が高く、足も早い秋山選手がラストバッターにいることで、分厚くて多彩な攻撃が可能になります。

 

長距離砲が多い国際大会では外野の守備が重要になってきますが、秋山選手は守備も超一流です。

 

侍ジャパンにとって、走攻守全てにハイレベルな秋山選手の存在は大きいですね!!

 

まとめと感想

スポンサーリンク

Sponsored Link

侍ジャパン【2017メンバー】背番号やレギューラーは?4番や打順予想

 

どうでしたか?

 

わたし的な予想をしてみましたが、このレベルになると、どの選手も力の差がなくて悩んでしまいますね!

 

選手の体調や対戦相手のピッチャーなどでも多少変わってくると思いますね。

 

侍ジャパン頑張れ!!

【関連記事】2017年WBC出場選手全員のプロフィール!侍ジャパン日本代表メンバー

【関連記事】2017年WBC侍ジャパンのヘッド・投手・守備走塁・打撃・バッテリーコーチは誰?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。