山田哲人選手が2017年に開催されるWBCの日本代表!侍ジャパンのメンバーに選ばれましたね。

 

打撃不振の原因やメジャーの評価、WBC後の移籍の可能性について探ってみたいと思います!

 

2015年・2016年シーズンと2年連続トリプルスリーを達成し、日本プロ野球史上最高のバッターとなり、WBCで世界に挑む山田哲人選手についてお楽しみください!!

 

スポンサーリンク

山田哲人【2017WBC】打撃不振の原因は?

山田哲人選手が2015年・2016年シーズンで2年連続のトリプルスリーを達成し、WBC2017で世界の大舞台で戦います。

 

日本球界史上最高のバッターで、しかも今まさにノリに乗ってるプレイヤーです。

 

当然、WBC2017でも中心選手(クリーンナップ)として活躍が期待されていますが、わたし的には最悪の場合

 

 

打撃不振に陥るかもしれない!

 

 

と、思っています。

 

その原因・理由は、昔と比べていい日本人ピッチャーがメジャーへ移籍したことにあると思っています。

 

エース級のピッチャーが日本に不在であること。

 

  • 田中将大投手
  • ダルビッシュ有投手
  • 前田健太投手
  • 岩隈久志投手

 

例えば、上記に挙げた投手が日本球界にいてもトリプルスリーの2年連続達成が可能だったか?ということ。

 

まぁこれははっきり言って、わかりませんが、世界の超一流のピッチャーを相手にしたら、山田選手といえども簡単には打てないということですね。

 

山田哲人【2017WBC】メジャーの評価や移籍情報

山田選手の現在(2017年)の年俸は3億5,000万円です。

 

これは、高卒野手としてはアメリカメジャーリーグで活躍するイチロー選手と同じで、あの松井秀喜さんを超える日本人野手の最速ペースです。

 

投手では、ダルビッシュ有投手と田中将大投手が高卒6年目で3億円を突破しています。

 

ちなみに、ヤクルトの球団の史上最高年俸は、青木宣親選手の3億3,000万円です。

 

➤青木宣親|頭部死球は大丈夫?へすすむ

 

年俸ベースでも、すでにメジャーリーグに挑戦した過去の選手たちと肩を並べている山田選手。

 

メジャーリーグのスカウトも当然山田選手に注目しているでしょうし、早ければWBC2017終了後のシーズンオフに移籍の可能性も大いにあると思います。

 

 

ただ、メジャーリーグのスカウトが、日本人内野手をどの程度評価しているか?も問題です。

 

これまで日本人の内野手として成功した前例が少ないために、個人的には、山田選手はその第一人者になってほしいと思っています。

 

まとめと感想

スポンサーリンク

山田哲人【2017WBC】打撃不振の原因は?メジャーの評価や移籍情報

 

どうでしたか?

 

山田哲人選手は、日本人のプロ野球選手にとって鬼門とされている内野手として、メジャーリーグで最も成功する可能性の高い選手の一人です。

 

ポジションがセカンドなのもいいですね。

 

しかし、山田選手が海外FA権を取得するのは2018年or2019年シーズン途中だと予想されています。

 

そのため、もしメジャー移籍が実現するなら『ポスティング・システム』を利用した移籍になる可能性が高そうです。

 

そうなれば、メジャーのスカウトがどの程度、日本人内野手を評価しているか?

 

見ものですね・・。

 

山田選手本人は、

 

「気まぐれだから将来行きたいと言っているかも」

 

と、メジャーへ行くのか行かないのか?はっきりと態度を示していません。

 

さてさて、どうなることやら・・(*^^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

➤侍ジャパン【打順】へすすむ