中後

中後悠平がロッテを戦力外に。今年もプロ野球界にリストラの嵐が吹き荒れました。

まだ26歳、働き盛りの選手にとって非情な戦力外宣告ですが、結婚などのライフイベントを控える年頃でもあり、その家族にとっても壮絶な戦いとなります。

さて、元ロッテの中後悠平選手、運命のトライアウトの結末は・・・

スポンサーリンク

中後悠平プロフィール

生年月日:1989年9月17日
身長:182cm
体重:78kg
出身:大阪府泉南郡熊取町
出身高校:近大新宮高校
出身大学:近畿大学
ポジション:投手

中後悠平選手のドラフト

中後悠平は巨人のエースである菅野智之選手や日本ハムの斎藤佑樹選手らと並び、学生日本代表として活躍し、メジャー球団からも注目されていました。

高校時代は全国的には無名だったものの、大学2年で、第25回アジア野球選手権大会の日本代表、秋には第37回日米大学野球選手権大会の日本代表に選出、大学3年で、第5回世界大学野球選手権大会の日本代表に選出

大学から才能が開花し、2011年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから2位指名を受けました。

2015ロッテを戦力外通告

中後悠平選手はロッテ入団から4年で戦力外通告を受けましたが、これまでの成績を簡単に振り返り、戦力外の理由、現在の状況などを整理してみましょう。

中後悠平選手これまでの成績

1年目
開幕1軍でシーズンでも結果をだし、年俸も1650万にアップしています。

2年目
怪我に悩まされる。シーズンオフには西武からFA移籍してきた涌井選手に背番号を譲ることになります。

3年目
登板5試合と出場機会が減っていきます。

4年目
2軍で26試合 0勝2敗 30回1/3 被安打29 与四死球24 奪三振31 防御率2.37

中後悠平選手戦力外の理由は?

中後悠平

最大の原因は「制球難(コントロール)」だといわれています。
4年目の成績をるとわかりますが、投球イニング30回で与四死球24ということは、1イニングで約1回の与四死球を与えていることになります。

中後悠平選手の最大の武器は変則スリークォーターやサイドスローから繰り出されるスライダーです。
右打者が空振りをして、ボールが打者の身体にあたるという逸話を持つほどです。
しかも、左利きスリークォーターやサイドスローでストレートは140キロ中盤です。

勝負球があり、特異な投球フォームを持ち、しかも26歳という若さ。
戦力外にするには早すぎるように思います。

中後悠平選手結婚し、妻は妊娠中だった

中後悠平選手は今年2015年4月22日に結婚したことを発表しています。
ロッテから戦力外通告を受けた時は、奥さんは妊娠9か月だったそうです。
保育士だった奥さんは妊娠を期に職場を退職しています。

中後悠平選手は自らの不甲斐なさに責任を感じているようですが、まだまだ若く身体が元気なのでプロ野球へ復帰したり、新しい道へすすんでも様々な人生の選択肢が残されているといえます。

トライアウトで武蔵へ

スポンサーリンク

中後悠平選手はトライアウトを経て、2015年からプロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグに参入した武蔵ヒートベアーズへ入団しました。

2015年12月17日に球団ホームページで発表されています。

本拠地は熊谷市のさくら運動公園野球場で、埼玉県北地域を中心に活動している球団です。
中後悠平選手には球団の名称「ベアーズ」の由来のように、強くたくましい一方で愛嬌と愛くるしさのある雄姿を球場で見せて欲しいですね。
中後悠平選手の今後のご活躍を期待しています。

ジャニMジャニM

まだまだ本当の勝負はここからだぜ!