八重樫

八重樫東選手、ボクシングフェス2015~井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦~で勝利
念願だった、IBF世界ライトフライ級の王者になりました。

試合は、メキシカンのハビエル・メンドサ選手に判定勝ち。
前に出て戦う強打のメンドサ選手に対し、スピードとテクニックで応戦する八重樫東選手

スポンサーリンク

激闘ファイターの異名を持つ八重樫東選手

予想通り、最終ラウンドは激闘死闘になりました。
八重樫東選手がメンドサ選手を追い詰め、あと一歩で倒せそうなことろで終了のゴングがなりました。
試合の盛り上がりはもちろんですが、実はこの試合には数々のサプライズが用意されていました。

八重樫東選手、試合後に妻へサプライズ

八重樫東

それは試合後の勝利者インタビューで、インタビュアーが最後の質問をした時におこりました。
インタビュアーが八重樫東選手へ聞きました。

「では、最後にテレビの前のファンに一言お願いします。」

八重樫東八重樫東

「私事ですが・・。」
「12月31日は妻の誕生日なんです。ホントは去年、王者になって渡したかったんですけど・・」


と、おもむろに小学生の息子が持っていたベルトを手にしながら、
八重樫東八重樫東

「1日早いですが、妻へ誕生日プレゼントです。」


獲得したばかりのIBF世界ライトフライ級チャンピオンベルトを妻に手渡しました。