浅田真央
国民的スター、国民的アイドルといっても過言ではないフィギアスケートの浅田真央選手
約2年間の休養を経て、いよいよ復帰しました。

さて、気になる復帰戦の結果と、海外メディア、特にライバルとして長く競ってきた、キム・ヨナ選手の出身国韓国での反応はどうでしょうか?

スポンサーリンク

浅田真央選手の2015年復帰戦結果


yjet
浅田真央選手の復帰戦となったのは「フィギアスケートジャパンオープン2015」
大会は、日本、北米、欧州の3地域によるプロアマ混合の男女各2名ずつ、合計4名によつチーム戦(団体戦)となりました。


女子の結果

第1位  アシュリー・ワグナー(アメリカ)

第2位  宮原智子(日本)

第3位  アデリナ・ソトニコワ(ロシア)

第4位  グレイシー・ゴールド(アメリカ)

第5位  浅田真央(日本)

団体戦の結果


第1位  日本 607.62

第2位  北米 545.23

第3位  欧州 528.90


浅田選手は女子では第5位チ、ーム戦(団体戦)では第1位となりました。


海外TV韓国の反応は?


浅田真央
大会前には厳しい報道がなされていたようです。
ライバルとして長く競ってきたキム・ヨナ選手を引き合いに出し、「女王不在で勝っても意味がない」などの多くの辛辣なコメントが寄せられていました。

しかし、浅田選手が見事な演技で復帰戦を飾ると・・大会後には「華麗なる復帰」として韓国のTVなどで一斉に報道されていました。
細かいミスなどは指摘されたものの、特に、「トリプルアクセルは過去最高の出来だった」と評価するコメントが並びました。

一方、韓国の次期エース、パク.ソヨンに対しては、なぜ成長せず停滞しているのか不満ばかりが寄せられていました。
やはり今でも韓国国民にとってキム・ヨナ選手存在は大きく、浅田選手同様、復帰を期待する声は大きいようです。


谷口大智選手との意外な関係


スポンサーリンク


谷口大智(たにぐち だいち)選手とはバスケットボールの選手です。
小学生で身長が191cmあり、バスケットボールの各世代の大会で活躍した選手です。

第2回スラムダンク奨学金をうけ、海外留学も果たし、帰国後、日本のプロリーグで活躍しています。
2014年に大怪我をしましたが、手術を経て、今年2015年に奇跡の復活を遂げました。

クリスマスのTwitter投稿です。
谷口選手谷口選手

クリスマスイブ?関係ないねー
プール行ってきやす_| ̄|○笑



浅田真央選手と谷口大智選手の関係は?

2人は小学生の時に、テレビ番組で「ス―パー小学生」として紹介された共通点があります。

浅田選手は休養からの復帰
谷口選手は大怪我からの復帰


小学生の時から将来を有望視された2人の選手、形は違えど同じ時期に競技を離れ、同じ時期に競技に復帰しました。
日本を代表するアスリートとして、これからも活躍してほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ジャニMジャニM

復帰おめでとう!競技も恋も頑張ってくれ!