保湿クリームは、乾燥する季節には欠かせないアイテムですよね。

ところで、皆さんは背中など手の届かない場所に保湿クリームを塗る際はどうしてますか?

背中ニキビ、日焼け、虫刺されなど、ど~しても背中にできてしまいますよね。

背中って身体の中でも面積が広いから大変です。

手の届かない背中へ保湿クリームを塗る方法を調べてみましたのでご紹介します。

Sponsored Link




自力で塗る方法

保湿クリーム1

まず最初は自力で塗る方法です。

右手と左手を背中で組めれば、塗れない範囲はありません

私も実際に高校生の頃などはこの方法で、保湿クリームを背中に塗っていました。

慣れるまで少し練習とコツが必要ですが、身体が柔らかい人は必ずできます。

女性の方が向いているかもしれませんね。

保湿クリー2

いやいや自力では絶対に無理という方

少し難易度の低い、自力で塗れる方法があります。

手の甲にクリームを塗って、右手と左手を背中で組み塗る方法です

手の甲を使う分、より広範囲に塗れますし、指を使うよりはテクニックを必要としません。

柔軟性も指を使う方法よりは少なくてすみます。

手の甲にクリームを塗って、手を組み背中に塗る方法は実際に私が一番使っていたマイ最強の方法です。

特に、日焼けをした際など広範囲に、頻度多く塗るのに適しており、楽に手軽にできる方法です。

道具を使う方法

まず、おすすめなのが「セヌールⅡ」です。

一言で表現すると

この1本で全てが解決します

今回のテーマ、「手の届かない背中へ保湿クリームを塗る」最強の方法です。

ヘッドの固いスポンジのような凸凹部分にクリームをチョコンとのせて、背中へ塗るだけ。

あえて、要望をするとすれば、もう少し長さがあればいいなぁくらいですね。

価格も安く、一家に一本

マイセヌールⅡがあってもいいと思います。

人に塗ってもらう方法

最後に人に塗ってもらう方法です。

塗ってもらう前後に、塗ってくれる人に手を洗ってもらう必要があります。

私はこの手間が相手に申し訳なく思ってしまうので、あまり好きではありません。

しかし、人に塗ってもらうのが一番ピンポイントな方法であることは間違いありませんね

家族だとコミュニケーションになるので、いいかもしれませんね。

(逆効果もあり!?笑)

まとめ

スポンサーリンク

Sponsored Link

保湿クリームの塗り方

手の届かない背中ニキビなどへおすすめの方法

を、まとめてみました。

1.自力で塗る

2.道具(セヌールⅡ)を使う

3.人に塗ってもらう

どうでしたか?

ぜひ皆さんも試してみてください。

そして、他のいい方法などありましたら、コメント欄に紹介していただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。