2017年3月27日、格安航空旅行会社の「てるみくらぶ」が破産手続きを開始

格安料金で若い学生などに人気があった旅行会社ですが、いきなりの倒産に驚きの声が上がっています。

格安なので「元々、保証が足りない」「リスクは当然」などとささやかれていましたが、倒産してしまうとやはり残念で、旅行代金を支払っていた人は相当怒りますね・・。

これが大手旅行会社のJTBなどであれば、経営体力があり全額返金可能なのでしょうが・・そもそもJTBは潰れる可能性は低いですよね・・

今回倒産したのは「てるみくらぶ」ですが、格安航空会社の旅行代金や、それに関するトラブルは後を絶たちませんね。

格安航空券の保障やリスク、返金について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

てるみくらぶは保障が足りない

格安の海外ツアーで知られ、航空券の発券トラブルで顧客から苦情が出ていた旅行会社てるみくらぶ(東京)が27日、破産手続きに入った。この日午前、東京地裁に破産を申請し、手続き開始の決定を受けた。ツアーの中止などで最大約9万人に影響が出そうだ。払った旅行代金の大半が戻らないおそれがある。

てるみくらぶの利用者に対する負債額は約100億円に対して、保障額は約1億2,000万円だそうです。

利率換算で約1%しか保障で戻って来ない計算になってしまいます。

もし仮に10万円の旅行代金を支払っていた場合は、千円程度しか手元に帰ってきません・・。

これは、いくらなんでも酷いです!!

さらに深刻な問題は、てるみくらぶを利用して現在進行形で海外旅行をしている人です。

保障が足りない分、自力で帰国を余儀なくされているようです。(泣)

てるみくらぶ格安でリスクは当然?

しかし「てるみくらぶ」の破産について、酷いという意見がある一方、「格安航空会社を利用するならそのぐらいのリスクは当然」という意見もあるようです。

これまでも格安航空会社の急な倒産で旅行代金の返金がなかった時には数々のトラブルがありましたからね。

筆者はサッカー好きなので、当時問題になったサッカーワールドカップでの観戦チケット問題を思い出してしまいます。

やはり、格安航空会社を利用する際は、リスクを考える必要がありますね。

JTBなら返金可能?

今回、代金を支払った方が気になっているのが、代金の返金があるかどうか?だと思います。

破産手続きを申請した「てるみくらぶ」への返金請求は難しいので、支払い手続きで使用したクレジットカード会社の保障を期待するしかありません。

JTBによると、(カードの種類にもよりますが)基本的に「てるみくらぶ」の旅行代金の返金はしていないようです。

JTBでは、ショッピングプロジェクトで決済した場合には「物損」した商品が対象になるようなので、今回の「てるみくらぶ」のような旅行代金の返金はないようです。

筆者の調査で、返金の可能性が高いと思われるのは「アメリカン・エキスプレス・カード」です。

保障の中でも、リターン・プロテクションというプログラムに加入している人は全額返金されるようです。

ぜひ、お手持ちのクレジットカードを調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

さいごに

てるみくらぶの突然の倒産ですが、元々「保障がたりない部分」や「格安のリスクは当然」だったので、筆者的には驚きはないですね。

ただやはり旅行代金を支払った人たちにとっては大問題であることは確かです。

支払いで使用したクレジットカード会社次第では「返金可能」とのことですので、調べてみてくださいね!

(筆者調べによると、JTBは返金不可能でアメリカン・エキスプレス・カードは返金可能)

今後、旅行申し込みする際は「格安料金」だけでなく「保障」もしっかり検討したいと思った問題でした。