2017年1月13日より 金曜00:12~ テレビ東京系にて放送スタート!

 

ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』は、タイトル通り、名脇役として有名な6人の俳優が本人役として出演し、共同生活をするそうです!

 

そんな本作の見どころやあらすじを調べてみました。また、主題歌を担当するアーティストは誰になるのでしょうか?

 

今回は、2017年1月放送スタートのドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』について、まとめてみたいと思います!

 

Sponsored Link




ドラマ『バイプレイヤーズ』のあらすじをチェック!

日本を代表する名脇役として有名な、遠藤憲一大杉漣田口トモロヲ寺島進松重豊光石研
ある日、この6人に海外の動画配信サイトから大型ドラマのオファーが舞い込む。
主演は、あの大物俳優で監督も世界的に有名なあの人物。
しかし、その監督から6人にある要望が伝えられる。
役作りで絆を深めるために、3ヵ月間、シェアハウスで共同生活を送ること
おじさん“だけ”のテラスハウス状態に戸惑う6人だが、家事の分担や朝食のメニューで揉めたりケンカしたりと、ささいないざこざはあるけれど、まるで学生のように和気あいあいと過ごしていた。
 
そんな微笑ましい、おじさん6人だが、実は10年前のとある仕事が原因で、各々に対して『しこり』が残っていたのだった…。
そして、この大型プロジェクトにも、ある秘密が…。
そんな中、主役の大物俳優降板の噂を聞き、シェアハウスに激震が走るのだった!!
 
 

名バイプレイヤー(脇役)として大活躍中の(おじさん)俳優6人が繰り広げる、“ゆるシブコメディー”が開幕します!

 

ドラマ『バイプレイヤーズ』の見どころをチェック!

さて、簡単なあらすじをのせてみましたが、本作の見どころは、何と言っても、今、もっとも熱い名バイプレイヤーの6人が演じる『本人役』!

みなさん、バイプレイヤーですが、今回は全員が主役で、しかも、シェアハウスで共同生活を送ります。

 

今回、本人役で出演する、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんの6人は、2002年のとある特集記事で『日本映画界を支える俳優6人』に選出されました。

それ以来、「いつか一緒に映画をやりたい」と語り合っていた仲だとか。

それから十数年後の2017年、さらなる飛躍を遂げた6人が、ドラマという形でついに共演を果たします!

 

テレビ東京深夜枠で繰り広げられる、おじさん達の微笑ましい日常、その中には、何十年も現場の一線で活躍してきた役者としての凄味や矜持、そして拘りを垣間見ることができるでしょう。

 

とはいえ、基本は“ゆるシブコメディー”!

ユルユルでダメダメだけれど、なぜか憎めないおじさんたちが、毎回笑いと感動を呼ぶこと間違いなしです。

 

そして、メイン監督には、『アフロ田中』(2012年)や『アズミ・ハルコは行方不明』(2016年)でメガホンを握った松居大吾監督。
31歳の新鋭の松居監督が、6人のベテラン俳優をどのように演出するのかも、大注目ですよ!

 

ドラマ『バイプレイヤーズ』のキャストは?

キャスト(五十音順)

遠藤憲一(えんどう けんいち)

東京都品川区出身、1961年6月28日生まれの55歳。

目つきが鋭く、いかつい風貌から悪役を演じることが多いが、「強面で小心」という人柄が明らかになるにつれ、人間味のある役やコミカルな役など、活躍の場が広がっている。

代表作は、『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系、2016年)、NHK大河ドラマ『真田丸』(NHK総合、2016年)など。

 

 

大杉漣(おおすぎ れん)

徳島県小松島市出身、1951年9月27日生まれの65歳。本名は、大杉 孝。

様々な役柄を演じこなすことから、「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名をとる。

『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)の多くの作品に出演し、その数は17本と歴代最多。

代表作は、『ソナチネ』(1993年)、『HANA-BI』(1998年)、銭の戦争(関西テレビ、2015年)など。

 

 

田口トモロヲ(たぐち トモロヲ)

東京都武蔵野市出身、1957年11月30日生まれの59歳。本名は、田口 智朗(たぐち ともお)。

1961年から1972年まで続いた人気バラエティ番組『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)の最終回の裏側を描いたスペシャルドラマ『シャボン玉の消えた日〜シャボン玉ホリデー・笑いにかけた青春物語〜』(日本テレビ、1989年)植木等役に抜擢、映画『鉄男』(1989年)で注目される。

『プロジェクトX~挑戦者たち~』(NHK総合、2000~2005年)の独特なナレーションで人気を集めた。

 

 

寺島進(てらじま すすむ)

東京都江東区出身、1963年11月12日生まれの53歳。

北野武監督作品にて知名度を上げ、映画中心に活動するが、『富豪刑事』(テレビ朝日系、2005年)への出演をきっかけに、TVドラマへと活動の場を広げた。

代表作は、『アンフェア』シリーズ(映画、TVドラマ・フジテレビ系)、『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』(2010年)など。

 

 

松重豊(まつしげ ゆたか)

福岡県出身、1963年1月19日生まれの53歳。

明治大学文学部文学科に入学し、当初は、映画や演劇の制作側を目指すが、数多くの舞台を観劇し演技者を目指すようになる。
黒沢清監督作品の『地獄の警備員』(1992年)で、元力士の殺人鬼役で注目を集め、その後、数々の作品に出演する。

代表作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』(NHK総合、2007年10月~2008年3月)、『孤独のグルメ』シリーズなど。

 

 

光石研(みついし けん)

福岡県八幡市出身、1961年9月26日生まれの55歳。

高校在学中の16歳の時に、『博多っ子純情』(1978年)のオーディションで、いきなり主役に抜擢される。

それを機に、数々の映画、TVドラマ、CMに出演する。

癖のある役からおっとりした役まで、多様なキャラクターを演じる。

代表作は、『20世紀少年』映画シリーズ、『海賊とよばれた男』(2016年)など。

 

上記の主演6人のもとに集う共演者も、超豪華だそうです。

楽しみですね!

 

ドラマ『バイプレイヤーズ』の主題歌は?

さて、ドラマを盛り上げる主題歌ですが、まだ発表されていません。

詳細が分かり次第、追記しますね!

さいごに

スポンサーリンク

Sponsored Link

ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』は、6人の名脇役の俳優さんが本人役として出演し共同生活をする“ゆるシブコメディ―”です。

 

そんなドラマの見どころやあらすじを調べてみましたが、どうでしたか?

 

また、主題歌を担当するアーティストさんは、まだ発表になっていませんが、きっと素敵な曲が選ばれると思います。

 

ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』は、2017年1月13日より 金曜00:12~ テレビ東京系にて放送スタートです。

どうぞ、お見逃しなく!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。