小國以載(ゆきのり)さんが【耐え恥作戦】でIBF世界スーパーバンタム級チャンピオンになりました!

 

なんと!

 

【耐え恥作戦】は元王者の内藤大助さんの助言だったようです!

 

ついさっきまで試合を見ていましたので、興奮冷めやらぬまま記事を書いていますが、凄い試合だったので、記憶と記録に残しておきたいと思います!!

 

ぜひ、お楽しみください!!

 

➤小國以載(ゆきのり)の経歴へすすむ

 

スポンサーリンク

小國以載(ゆきのり)耐え恥作戦とは?

小國選手の『耐え恥作戦』は、2016年の秋ドラマで放送された大人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』から来ています。

 

➤逃げ恥ロスへすすむ

 

『逃げるは恥だが役に立つ』を略して、『逃げ恥』といいます。

 

逃げ恥の意味は、ことわざの・・

 

『逃げるが勝ち』

意味:逃げるが勝ちとは、無駄な戦いや愚かな争いなら、避けて逃げるほうが、結局は勝利や利益を得られるということ。

 

と、だいたい同じ意味になります。

 

要は・・

 

逃げて避けて、勝利をつかむというもの。

 

 

今回の小國選手がチャンピオンになる際に採用した作戦は、『耐え恥』

 

 

耐えて耐えて、最後に勝利をつかむ!!

 

 

正にその作戦が的中したと言える戦いでしたね!!

 

➤星野源『恋ダンス』へすすむ

➤新垣結衣2017年出演ドラマへすすむ

 

小國以載(ゆきのり)に耐え恥作戦を伝授したのは内藤大助

実は、小國選手へ『耐え恥作戦』を伝授したのは、あの名チャンピオン内藤大助さん!

 

番組の取材で小國選手を訪れた際に、強敵の対戦相手王者グスマンに対して、

 

「正直、怖いです」

 

とビビる小國選手へ

 

「耐え恥作戦で、耐えて耐えて最後に勝負をしかけろ!」

 

と熱く語ったのが、内藤大助さんでした。

 

私はちょうどその放送を見ていたので、グスマンとの試合が始まった時に、小國選手が内藤さんの作戦を忠実に実行しているなぁ~と感心して見ていました。

 

内藤大助さんは試合の解説者としておられ、その際も小國選手を熱く応援していました。

 

内藤大助さんの『耐え恥作戦』は見事に的中し、小國選手が勝利します!!

 

小國以載(ゆきのり)の相手は最強王者グスマン

なぜ小國選手が、『耐え恥作戦』を採用したのか?

 

一見、消極的に見える『耐え恥作戦』ですが、小國選手が耐え恥作戦を実行したのには、理由がありました。

 

グスマンが強すぎる・・

 

というシンプルな理由です。(笑)

 

小國選手と戦うまでのグスマンの戦績は、

 

23戦 22KO(1無効試合)

 

プロデビューから負けなしで、勝利した試合は全てKOという完全無欠のチャンピオン

 

出身のドミニカ共和国の英雄です。

 

2016年7月に行われた世界タイトルの和氣慎吾戦でも、和氣慎吾選手の顔面をボコボコにして勝利

 

小国選手は試合前に「怖い・・」と、ボクサーらしからぬ発言をしていましたが、これは誰が闘っても『耐え恥作戦』を採用すると思いますね・・。

 

正直、見てるこっちも怖いくらいの強打です。(泣)

 

耐え恥作戦の試合展開と判定結果は?

小國選手の耐え恥作戦は、5Rまで耐えに耐えて、6R以降で自分のボクシングをするというもの。

 

1R序盤は、グスマンも小國選手の様子を見るように積極的には出てきません。

 

 

緊迫し、張り詰めた空気が漂う試合序盤の3R

 

小國選手のボディーブローが入り、グスマン選手がたまらずダウン!

 

一気にKO決着か?となりますが、グスマン選手の目は怖いくらい生きていて、テレビ越しに「耐え恥!耐え恥!」と、小國選手に言い聞かせるように応援していました。(笑)

 

 

後半に入り、徐々に効いてくるボディーブロー

 

正に耐え恥作戦の言葉の通り、グスマン選手の強度に耐え、チャンスがありながらも攻めずに耐えた小国選手

 

後半になるとグスマン選手の足と強打が止まってきます。

 

 

11Rにはダウンか?と思われた場面で、惜しくも小國選手がローブローの判定をとられましたが、その時には完全に小國選手が有利に試合を進めていました。

 

 

判定は、3-0で小國選手の勝利!!

 

我が家では、大感動、大拍手の内容でした!!!

 

まとめと感想

スポンサーリンク

小國以載(ゆきのり)耐え恥作戦でチャンピオン!内藤大助の助言だった!

 

どうでしたか?

 

2016年の大晦日に、本当に本当にいいボクシングの試合を見せてもらいました!

 

あの絶対王者グスマンに勝つ人類がいたとは!

 

しかも日本人!!

 

小國選手!!

 

おそらく、ボクシング史に残る世紀の番狂わせだったかもしれません。(小國選手ごめんなさい)

 

 

グラウンドまで耐えに耐えて、6Rから逆襲に出る『耐え恥作戦』!!

 

人間、辛い時に耐えて耐えて頑張らないといけないんだなぁ~と、良い教訓を頂いたような気がします。

 

2017年も頑張れそうです!!

 

小國選手お疲れ様でした&おめでとうございます!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

➤小國以載(ゆきのり)の経歴へすすむ

➤亀田和毅の家族へすすむ