VARとは?

 

サッカーの判定で新たに導入されたVARについて、判定の意味や仕組みを解説します。

 

VARの導入で、審判の誤審は減るのか?

 

2016年のクラブワールドカップで導入されたVARについて解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

VARとは?【サッカーの場合】

VARの言葉の意味は、ビデオ・アシスタント・レフリーの略です。

 

これまでサッカーの試合の審判は、主に主審1人と副審2人でジャッジが判断されてきました。

 

(試合前の入場シーンなどを見ればわかりますね)

 

しかし、2016年以降、これまでの審判に加えて、新たに映像室(ビデオルーム)で映像を解析してジャッジをアシストする審判が追加されました。

 

VARの審判が追加されたといっても、

 

最終的なジャッジはピッチ上にいる主審が判断する

 

というこれまでのサッカーの審判のやり方には変更がありません。

 

VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)という言葉の通り、主審の判断の補助的な役割を持っています。

 

VAR【サッカー】判定導入の意味は?

 

VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)が導入された理由は、

 

ジャッジの公平・公正を確保するためです。

 

審判といえども人間であり、完璧ではありません。

 

過去にサッカーの試合で、誤審(疑惑)とされた歴史が繰り返されてきたこともVAR導入を加速させたのでしょうね。

 

 

さらに近年は、

 

・テニス

・日米のプロ野球

・バレーボール

・ラグビー

 

など、多くのスポーツでVARの導入がなされてきました。

 

サッカーにVARが導入される意味も他のスポーツと一緒で、スポーツにおいて公正・公平さを追求するのは必然の流れだったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

世界初のFIFA主催大会でVAR判定はどうだった?

 

そして、FIFA主催の2016年クラブワールドカップで世界初のVAR判定が実行され、鹿島アントラーズの西大伍選手がPKを獲得しました。

 

これには海外のメディアも繰り返し放送し、海外の評価も大きく分かれました。

 

結果として、VARの判定が決勝点に結びつき、鹿島アントラーズが歴史的な勝利をしました。

 

賛否両論あるようですが・・

 

わたし的には、悪質なファールを見逃さなかったVARの信頼性が高まったジャッジだと思いました。

 

 

今後もロシアワールドカップへ向けて急速にVARの仕組みが整えられていくと思いますが、期待していいと思います。

 

VAR【サッカー】判定の仕組みを解説!

導入されたばかりのVARですが、まだまだファンや実際にプレイしている選手たちには戸惑いがあるようです。

 

実際に世界初のVARの判定が行われた試合に出場していた、鹿島アントラーズの昌子源選手は

 

「何でプレーが止められたのかと思った」

 

と語っていました。

 

【関連記事】昌子源のサッカー歴は?鹿島伝統の3番がかっこいい!父親や姉を調査!

 

では、実際にVARの判定が下されるまでの流れを見ていきましょう。

 

VAR【サッカー】判定の流れ

VARの審判は、ビデオモニターがたくさん用意された映像室に控えています。

 

試合中、あらゆる角度から映し出された映像を分析し、主に試合の勝敗に関わる重大な判定について目を光らせています。

 

もし(主審が見逃した)重大な判定がある場合、主審(のヘッドセット)へ、その判定を伝達します。

 

 

VARから重大な判定を伝達された主審は、ピッチ脇に用意されたモニターでその映像を確認します。

 

VARからの映像を確認し、主審がその映像のプレーに対してジャッジを下します。

 

VARで審判の誤審が減る?

VARの導入で公平・公正なジャッジがくだされ、誤審が減るという期待がもたれています。

 

現代サッカーは試合展開がとても早くなっています。

 

そして何よりサッカーのピッチ上には対戦する両チームの選手が22人もいます。

 

これまでの主審1人、副審2人では見ることのできない部分までVARが目を光られてくれるのです。

 

 

過去にさかのぼって、繰り返し確認できる映像で試合を判断できるので、理論上は確実に誤審は減ると思います。

 

関連記事

【関連記事】鹿島アントラーズとレアル戦で誤審?審判は誰?ビデオ判定に海外の反応は?

【関連記事】W杯最終予選で誤審?審判は誰?サッカー日本代表出場へピンチか?

【関連記事】内田篤人【怪我】はいつから?理由や原因は?手術内容や場所を調査

 

まとめと感想

 

 

VARとは?

 

【サッカー】判定の意味や仕組みを解説してきました。

 

どうでしたか?

 

わたし的には、昔からサッカーの審判の誤審が気になっていたので、誤審が減ればもっとサッカーを楽しめると期待しています♪

 

【追記】

2016年のクラブワールドカップから導入されたVARですが、決勝の鹿島アントラーズ対レアル・マドリードの一戦で、誤審を判断できなかったとも指摘もあるようです。

VARといえども、実際に操作するのは人間

(わたし的な判断ですが)VARが完全ではないということを露呈してしまいましたね・・。

 

【関連記事】鹿島アントラーズとレアル戦で誤審?審判は誰?ビデオ判定に海外の反応は?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。