こんにちは。マサです。

私の息子たちが天才に育ってくれないかと

あれこれ幼児教育の資料をかき集めています。

天才少年といえば・・

ドローンレースで賞金25万ドル

衝撃的なニュースを発見しました。

しかも、ドローンレースで優勝したのは15歳の少年

日本円に直すと約3000万円!!

最近、色々と目にするようになったドローンですが、

今回はドローンレースとその可能性について調べてみました。

Sponsored Link




優勝者は15歳のルーク・バニスター

ドローンレース

ルーク・バニスターは15歳

英国人の少年です。

Tornado X-Blades Banni UKというチーム(4人)に所属しており、

15歳のルーク・バニスター君がパイロットです。

2016年、世界初のドローングランプリ(ドバイ)で優勝し、

賞金25万ドルを獲得しました。

しかし、ドローンレースの模様を動画で見ましたが、

ドローンの視点

乗り物酔いしてしまいそうです。

15歳の少年恐るべしです。

ドバイドローンレースとは

ドローンレース1

World Drone Prix 2016

賞金総額100万ドル

世界最速のドローンを決定する世界最大のドローンレースです!

World Drone Prix 2016は、

ドバイのスカイラインの印象的な背景が印象的です。

優勝したルーク・バニスター君のチームでは、

まるでF-1のようなシステムを組み、

4人のチーム力で総合優勝を獲得することができたようです。

ドバイ世界未来スポーツゲーム

ドローンレース2

ドバイドローンレースでは、「世界未来スポーツゲーム

をホストすることを発表されました。

世界未来スポーツゲームとは、

競技が全てデジタル化され、例えば

水泳、レスリングなどもロボットが戦います。

ドローンレースはまだまだデジタルの始まりのようです。

2017年の終わりにはドバイで、

巨大な「世界未来スポーツゲーム」がおこなわれる予定です。

いわば、ロボットのオリンピックです。

まとめ

スポンサーリンク

Sponsored Link

ドローンレースで賞金25万ドル!15歳の少年が操縦しドバイで優勝

どうでしたか?

ドローンレースはここ数年、日本でも開催されているようですが、

海外の盛り上がりと比べるとまだまだ発展途上です。

ドローンレース大会が日本で開催!!

しかし、自動車産業などの精密機械分野に強く

チームワーク・組織力に定評のある日本

近い将来、日本が世界のドローンレースで活躍する日も近いでしょう。

これから益々ドローンレース盛り上がっていきそうです。

さらにさらに、ロボットのオリンピック

「世界未来スポーツゲーム」も楽しみですね!

日本にもルーク・バニスター君のようなプレイヤーが出てくることを期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。