大谷翔平が、日本最速の163キロをマークしました!

2016年6月5日に行われた巨人戦
打席には6番のクルーズ
2トライク、1 ボールからの4球目

163キロが出ました!!

実は大谷選手は、 2015年にも163キロをマークしています。

今後、世界最速を出す可能性はあるのでしょうか?
調べてみました。

Sponsored Link




大谷翔平5番ピッチャーで先発

大谷翔平2

日本最速の163キロを出した試合で、大谷翔平は5番ピッチャーで先発していました。

本来ピッチャーはピッチングだけに集中することができますが、大谷選手は5番バッターということで、チームの主軸バッターにもになっています。
プロになった当初から、ピッチャーとバッター両方に取り組む二刀流を貫いていますが、それぞれで好成績を残していますね。

特に、 2016年はここまでバッティングが好調で、
本塁打9本
打率3割6分
長打率.出塁率はともに自己最高の成績です。

大谷翔平選手はピッチングとバッティング共にハイレベルです。

ピッチャー世界最速は何キロ?

大谷翔平3

日本人ピッチャーで豪腕といえば過去にもいますね。

五十嵐亮太、伊良部秀輝、寺原早人 158キロ
斎藤隆 159キロ
ダルビッシュ有 160キロ
そして、大谷翔平 163キロです。

では、世界最速は何キロなんでしょうか?

・・

・・

調べたところ、世界最速は171キロです!!

アロディス・チャップマン投手
キューバ代表、シンシナティ・レッズで活躍しました。
なんと、投球時の平均球速は160キロを超えていたそうです。

世界は広いですね。(笑)

大谷翔平世界最速まで8キロ

大谷翔平1

大谷翔平選手は日本人投手の中では飛び抜けて早いです。
しかし、世界最速のチャップマン投手と比べると8キロの差があります。

持っていたよりも世界は遠いですね・・(泣)

大谷選手は、まだ21歳です。
これからまだまだ成長する可能性を秘めていますます。

高校生の時に160キロ
プロ入3年目で163キロ

順調に成長して、チャップマンを超えてほしいと思います!!

大谷翔平まとめ

スポンサーリンク

Sponsored Link

「大谷翔平が日本最速163キロをマーク!世界最速を出す可能性は?」

どうでしたか?

今年の大谷選手の活躍を見ていると、ピッチャーとしてもバッターとしても、とても成長していると感じます。

プロ野球OBの方の中には、「どちらかに集中した方がいい」と言う意見もあるようですが、それに大谷選手は結果で答えています。

世界最速のチャップマン(171キロ)までは、まだまだ遠いですが、不可能を可能にしている大谷選手なら希望を持ってしまいますね。

これからも大谷翔平選手に注目です。

最後までお読みいただきありがとうございます。