サッカー日本代表の次世代のエースとして期待されている浅野琢磨選手

リオデジャネイロ・オリンピック直前に、ベンゲル監督率いる世界屈指の強豪アーセナルへの移籍が決定しています。

ベンゲル監督といえば日本通で有名です。そのベンゲル監督がほれ込んだ才能なだけにおのずと期待が高まってしまいます。

そんな浅野琢磨選手ですが、成長の裏には同じチームでプレーしたサンフレッチェ広島で活躍する佐藤寿人選手の存在が大きかったようです。浅野琢磨選手と佐藤寿人選手について調べてみました。


スポンサーリンク

浅野琢磨の成長には佐藤寿人の存在が?


gsdg
サンフレッチェ広島入団後は、そのスピードに更なる磨きをかけるも、ベンチでの時間が長く、必ずしも順風満帆のプロ生活をスタートしたわけではありません

特に、長年クラブの象徴であり中心選手として活躍し、稀代の得点感覚を持つ、佐藤寿人選手の存在は、浅野選手にとって大きな存在であり高すぎる壁でした。

しかし、Jリーグ屈指のオフ・ザ・ボールの動きや相手DFラインへの絶妙な抜け出し等のテクニックを間近にみることができたことは、浅野選手にとって大きな成長への糧となったことは疑いようがありません。

hsdfhf
佐藤寿人選手は、浅野選手にとって、ピッチの内外に限らず支えてくれる兄貴的な存在でもあり、常に浅野選手にとって良き先輩であったことはよく知られています。

また、佐藤選手の控えとしてスーパーサブとしての起用が多かったこともあり、サブとしての役割を高いレベルでこなすことができ、途中出場から得点を奪うこともしばしばです。

特に2015年シーズンには途中出場のみで8得点を挙げる活躍を見せ、森保監督の大きな切り札としてチームに大きな貢献をもたらしました。


浅野琢磨まとめ


スポンサーリンク


「浅野琢磨の急成長には佐藤寿人との関係が?アーセナル移籍でゴールを期待」

どうでしたか?

サッカー選手で海外移籍をする選手と言うのは、だいたいチームでレギュラーを張っている中心選手であることが多いです。もちろん浅野琢磨選手もサンフレッチェ広島の中心選手でしたが、今回の浅野選手の海外移籍はこれまでの選手と少し状況が違うような気がします。

長い間、サンフレッチェ広島で絶対的なエースとして活躍する佐藤寿人選手の存在がある中で成長してきた浅野選手はスーパーサブとしての働き方(ゴールのとり方)を知っています

きっとアーセナルでもそのような役割を担っていけることかと思います。選手としてのプレーの幅が大きいからこそ活躍できる可能性が高いとも考えられます。そして、当然ベンゲル監督もきっとその辺を考慮していることでしょう。浅野選手のゴールにますます期待が高まりますね!

関連記事関連記事

【リオ五輪U23選手一覧】
サッカー
👉若手有望選手はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございました。