激闘の末、6大会連続の
オリンピック出場を果たした、
U-23日本代表

幾度も窮地に立たされたチームを
最終ラインから鼓舞し支え続けた
2人の若きCBがいました。
(※CB:センターバックの略)
(※ディフェンスの要のことです)

☆岩波拓也(ヴィッセル神戸)
☆上田直通(鹿島アントラーズ)

48年ぶりの悲願のメダル獲得に向けて、
欠かすことのできない存在である
最終ラインの要は、リオの地で
輝くことができるのでしょうか?

そして、規格外のスケールを持つ
と評される2人のCBは、
将来のA代表を担い、
日本サッカー長年の課題である、

「個」で負けないCB

へと成長していけるのでしょうか?
リオから大きく羽ばたく可能性を持った、
岩波拓也と上田直通の2人に注目です。

【関連記事】塩谷司の円形脱毛症が悪化?リオ五輪OAゴールに期待!海外移籍は?

スポンサーリンク

岩波拓也と植田直通が日本代表のCBを担う可能性

hrst

日本サッカー最大の課題、それは紛れもなく個の部分

A代表最多出場記録を保持する、
ガンバ大阪の遠藤保仁は、
率直にそう言い切りました。

日本のCBはいつの時代も
クレバーで献身的でした。
そして、強いキャプテンシーを持っていました。

☆柱谷哲二選手
☆井原正巳選手
☆秋田豊選手
☆宮本恒靖選手
☆中澤佑二選手
☆吉田麻也選手

どのプレーヤーも唯一無二の存在感があり、
何よりも誇りを持って代表のために死力を
尽くしてきたプレーヤーです。

しかし、彼らが世界レベルのCBか?
問われれば必ずしもそうはいえないでしょう。

残念ながら、日本のサッカーの歴史における、
CBというポジションにおいては、

☆中田英寿
☆香川真司
☆長友佑都

のような世界レベルのようなプレーヤーは
現在に至るまで誕生していないのです。

世界レベルのCBの育成、
それこそが、日本が世界のベスト16の壁を
破るために必ず必要となってくることです。

岩波拓也と植田直通は
その類まれな潜在能力を武器に、
世界レベルのCBに成長する可能性
持った数少ないプレーヤーです。

バルセロナのマスチェラーノなど
ごく一部のプレーヤーを除き、
世界のトップレベルで活躍するCBの条件、
それは・・・

でかくて、1対1で負けない

ことに尽きます。
多少クレバーさがなくてもいい、
最後の最後で身体を張って守れることこそが、
世界で戦うためには求められます。

岩波と植田の2人のCBは体格的にも、
ヨーロッパのCBと比べて遜色なく
フィジカルはU-23日本代表の中でも
トップレベルにあます。

何より注目すべきは、
2人とも186センチというサイズ
がありながらも、足元のテクニックに優れ
俊敏性も持ち合わせているところです。

リオで輝きを見せることができれば、
必ずヨーロッパの主要リーグから
声がかかるほどの逸材であることは
間違いありません。

リオ経由で海外移籍の可能性があります。

【関連記事】塩谷司の円形脱毛症が悪化?リオ五輪OAゴールに期待!海外移籍は?

岩波拓也と植田直通まとめ

スポンサーリンク

「岩波拓也と植田直通が日本代表のCBを担う日は?リオ後に海外移籍か?」

どうでしたか?

オリンピック本大会では、
コロンビア、スウェーデン、ナイジェリア
という難敵揃いのグループに入りました。

【関連記事】U23サッカー日本代表のキーマンは?OAは満足?目標や優勝予想!

対戦国となる各国には、
既にヨーロッパの主要リーグのクラブで
レギュラーを張っている
プレーヤーが複数います。

経験では明らかに相手に分があり、
厳しい戦いが待っていることは
間違いないでしょう。

しかし、彼らが最終ラインでチームを
支え続けることができれば、
48年ぶりのメダルも決して夢ではないのです。

最後まで諦めずに応援しましょう!!

GO!JAPAN!!

関連記事関連記事

【リオ五輪U23選手一覧】
サッカー
👉若手有望選手はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。