お笑い芸人のほっしゃんこと、星田英利 さんが12月6日に引退を発表し、同日の夜に引退を撤回しました。

これには多くのファンから

炎上商法?
売名行為?
そもそも詐欺じゃない?

と、多くの批判を受けているようです。

ほっしゃんのインスタでの芸人引退&撤回について掘り下げてみたいと思います。

スポンサーリンク

ほっしゃんがインスタで芸能界(芸人)引退!

ほっしゃんが2016年の年末で芸能界を引退すると所属事務所に相談している事をインスタで明らかにしました。

現在は、ほっしゃんのインスタが見れないので、ほっしゃん自身の言葉を引用していきますね!

「デビューからお世話話になった大先輩方々を 裏切る、っていうか、お世話になり過ぎて、その方々にご相談できへんかったけど、年内の引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います。27年。・・・凄い。」

これが芸能界引退宣言ととられた、ほっしゃんのインスタの発言です。

そして、その直後には

あ、今やってる仕事は、3月までやから、 それは絶対、手ぇ抜かんと死ぬ気でやるから。

と、これまたインスタで発言しています。

芸能人の間で流行っているとは言え、自分の進退問題をインスタ(SNS)でやるのは流石にどうかと思っていたところ・・

ほっしゃん、引退宣言って会見でやるべきでは?

わたし的に、まず思ったのは引退宣言って

ちゃんと会見で出るべきでは?

という事。

ほっしゃんもご自身のインスタで「お世話話になった大先輩方々を 裏切る・・」と言っていますので、お世話になった大先輩に筋を通すには、ちゃんと会見の形を取ったほうがよかったと思います。

インスタ(SNS)がいくら普及したとは言え、これはマナーがなさ過ぎですね・・^^;

おそらく、『すべらない話』などでも共演した、大御所の松本人志さんは激怒しそうな行動ですよね。

ほっしゃんの芸能界(芸人)引退は炎上商法?

12月6日にインスタで芸人引退を発表したほっしゃんでしたが、その日の夜には

「心配かけてすみません。いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと思います。ひたむきに頑張ります」

と、既に削除した引退宣言のスクリーンショットと一緒に

引退撤回発言を再び掲載!!

もしかしたら今回の引退宣言騒動は、ほっしゃんが軽い気持ちでインスタにアップしたものかもしれません。

しかし、これだけの大騒動になると

炎上商法?
売名行為?
そもそも詐欺じゃない?

と思われても仕方がないですね。

そもそも芸能人(お笑い)が人気商売でファンあってのもの。

ファンである芸能人の進退問題(引退)となれば、ファンが騒ぐのは当然のことだと思います。

ほっしゃんには、その自覚がなかったのかもしれませんね!!

さいごに

スポンサーリンク

ほっしゃんの引退撤回騒動が炎上商法か掘り下げてみましたが、どうでしたか?

今回のインスタの芸人引退撤回は『売名行為』や『詐欺』などと騒がれているようですが、わたし的にはそこまでの戦略はなかったという印象です。

どちらかと言うと

ほっしゃんの軽率な行動

だと思います。

ほっしゃんには、インスタを含むSNSが現代社会において情報を扱うツールとして重要になっていることを自覚して欲しいと思います。

そして、今回の騒動が今後の芸能活動(芸人)に悪影響を与えかねないと思いますので、負けずに頑張ってほしいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。