坂上忍さんは、たくさんの犬を飼っています。
みな小型犬ばかりで、おデブな犬から愛嬌のある犬までいるんですよ。
1匹1匹にお洒落な服を着させては、まるで我が子のように可愛がる坂上さん。
そして、抱っこしてキスをする姿は、まるでお母さんのよう。
潔癖症だし、タオルはきちんと棚に重ねて収納しないと駄目だというのに、犬のヨダレが手に付いたとしてもニッコニコ。
きっと、犬のウンチを拾っては、今日の体のコンディションをチェックしているのかもしれません。
「結婚は向いていない」と語る坂上さんですが、主夫として家事や洗濯を完璧にこなせそうな気がします。
そんな坂上忍さんの犬の名前や犬種について深堀しちゃいます!
また、犬   のために購入した車と家、しつけ方なども合わせてご紹介しましょう。坂上忍4

出典: http://world0304.com/wp-content/uploads/2015/01/sakagami.jpg

Sponsored Link




坂上忍さんの飼っている犬は?

タレントの坂上忍さんは、自分が飼っている愛犬の事を長男、次男と考えているんですよ。

まるで人間の子供のように。
名前も「佐藤さん」だの「高橋さん」と1匹1匹に苗字まで付けています。
みな驚くことに、オスばかりを飼っているのも特徴的。

坂上さんは男性ですから、気が知れていいんでしょう。
男同士だから、生理的な問題や性格なども理解出来ますしね^^
その犬達の数が10匹が更に増えて11匹となりました。
2010年5月頃から犬を飼いだしていますが、長男のチワワは佐藤ツトム君と言います。
ペットショップで売れ残っていた子なんですよ。
・次男はミニチュアダックスフンドの高橋ヨースケ君。
やんちゃだけど弟達を労わる子。
・三男はフレンチブルドッグの円山ダイチ
・四男はパグの森田パグゾウ
・五男はイタリアン・グレーハウンドの宝田リクゼン
・六男はヨークシャー・テリアの佐久間ギンジ
・七男がチワックスでジェームス・太陽・ブラウン
・八男はチワワで白石フユト
・九男がシーズーで高木ブー太郎
・十男はミニチュア・ピンジャーで内田ピン
・十一男がミニチュアダックスとマルチーズのミックスで喜田川ハル
となります。
驚く事に、ほとんど犬種が違うんですね^^
なかなか違う種類を多頭飼いをするのは難しいですが、そこは子供に演技指導をする教室を開いている坂上さんですからね。
これからも増えそうです・・・。

坂上忍

出典https://mantan-web.jp/2016/11/26/20161126dog00m200012000c.html

犬のために購入した家と車とは?

犬と同じ顔をして、ツーショット写真を撮る事が好きな坂上さんは、犬には母ちゃん言葉で接しています。
名前を呼ぶ時には「高木さん、内田さん」って呼ぶんですけどね^^
坂上さん家の11匹の犬は無駄吠えはしないですし、喧嘩もほとんどしません。
「並んで」と言えば、横一列にきちんと並ぶんですよ。
最近は「おしゃれワンちゃんカー」なる車を作りました。
後ろの席の背もたれを倒し、そこをフラットにします。
そして、犬達を入れるケージを2つ置いちゃう。
値段は40万円だそうです。
更に、犬が増えたからと大きな一戸建てを建築したんですよ!

設計にも携わり、犬の足に負担がかからない家を2年もかけて建てちゃいました^^
犬達が思いっきり走れて、遊べるような家。
新居は合計5,000万円で、海から歩いて2分の位置にあり、広さは110坪。
広いテラスと、リビングに外壁は全て木材というウッドハウスの完成です。
玄関横には犬の足を洗える洗い場を設け、リビングの床はノコ目で犬が滑らないような工夫が。
約100㎡の庭には、走り回っても犬の膝に負担が掛かり難いウッドチップを敷き詰めて。坂上忍2

出典: http://onyanoko.xsrv.jp/wp-content/uploads/0c138b2b-s.jpg

 坂上忍の犬のしつけ方とは?

Sponsored Link

訓練士をも唸らせる坂上忍さんの犬のしつけ方が話題です。

YouTubeで観れる犬をしつける姿は、まるで人間の子供を躾けるかのような方法で行っているのが特徴的。
犬にも個性があり、考えがあるということを理解する。
それぞれが違う動きや表情をするなど、全て把握しているんですよ。
だから、その子に合ったしつけ方が出来るので、犬も順調に言う事を聞くわけです。
犬だって、自分の考えている事を理解してくれない飼い主の言う事を、きちんと聞こうとは思わないですからね。
それには、日頃から犬とのスキンシップが大事。
そして、その子をじっと見ては「不安そうな表情をしているな」「動作が鈍いな」などを感じとる。
犬がしつけられる気分でない日は、あえて訓練をしない。
だだをこねていれば「リードを放しちゃえばいいんじゃない?」何かをやろうとして苦戦していていも、「手貸さない方がいいよ」と言うんですね。
坂上さんは、犬を1人の人間として見ているから尊重しているし、対等な立場でしつけをしているって分かるんです。

まとめ

可愛がる時には、我が子のように可愛がるけど、ずっと犬と向き合わないところが坂上さん流のしつけ方。
犬と自分の気分がピタリと合った時にしつけるんですね。
強引ではなく、犬を優先にする事で、自然に主従関係を犬に教えるのです。
年功序列を守らせ、怒る時にはあえて手を出さないというルールも。
犬を尊重しているんですね!
これからも素敵なドッグライフをエンジョイして欲しいです。

Sponsored Link

FBなどで「いいね!」もお願いします^^!
アイキャッチ画像引用元:http://image.news.livedoor.com/newsimage/e/0/e0137_1223_f7c4a7cd_3f5cb0a7-m.jpg