2016年1月26日

23年前に「ドーハの悲劇」を経験した
日本サッカー界にとって
決して忘れることのできない

カタール・ドーハ

この地で、谷間の世代と言われた
U-23日本代表は、あの時と同じ相手
イラク代表を下し
リオへの切符を勝ち取りました。

hsfdhsf

3大会連続で
U-20ワールドカップ出場を逃してきた
谷間の世代

イラクは、常に目の前に
立ちはだかってきた宿敵です。

越えなければならない壁
負ければ日本サッカーの未来に
暗雲が立ち込めること必至の
極限の1戦

最後に日本を救ったのは、
どことなく、あの日本サッカー界の
レジェンドを彷彿とさせる・・・

背番号7
原川力(川崎フロンターレ)でした。

近い将来の日本代表
背負うことになるかもしれない
若きMFの魅力に迫ります。

スポンサーリンク

原川力のゴールで「ドーハの歓喜」が生まれた!

gfsf

リオデジャネイロ・オリンピックの予選を兼ねた
AFC U-23アジア選手権、準決勝

勝てばオリンピック出場が決まる試合
相手は宿敵イラク

試合は、前半26分、左サイドを抜け出した
鈴木武蔵(アルビレックス新潟)のクロスから
久保裕也(ヤングボーイズ)が先制ゴール!!

幸先よく先制するも
前半終了間際に

相手コーナーキックの競り合いから
一度はGK櫛引政敏(鹿島アントラーズ)
がセーブするも
こぼれ球をヘディングで押し込まれ
1-1で前半を折り返します。

後半は両チーム一進一退
の攻防を繰り広げ
時計の経過と共に
重く苦しい雰囲気が立ち込めます。

サッカーファンならば
誰もがあの時の光景を
思い出さずにはいられない試合展開

1993年10月28日
悲願のワールドカップ出場が
すぐ目の前にあった後半終了間際

gsfd

悪夢のヘディングを決められ
涙にくれたあの日のことを・・・

奇しくも、同じドーハの地
同じ相手
悪夢は繰り返されてしまうのか・・・

後半ロスタイム
そんな重苦しい雰囲気を打ち破り
値千金のゴールを挙げたのが

原川力

南野拓実(ザルツブルク)のクロスを
一旦相手GKが弾いたところを
落ち着いて左足を振りぬき
これが決勝点

チームは歓喜に包まれました!!

ここに、「ドーハの歓喜」という
新たな日本サッカーの歴史が創られたのです。

原川力原川力の前科とは?中田英寿似

gasd

リオ五輪に挑む、18人のメンバーにも
選ばれた原川力選手

キープ力があり
長短のパスを正確に蹴ることのできる
正確なテクニックが特徴です。

京都サンガ所属時は
ボランチもこなす器用さがあり
そのプレースタイルはどことなく

中田英寿を彷彿とさせるものがあります。

偶然にも代表で背負う背番号も同じ7
かつては自己主張の強い選手としても知られており
U-19での代表合宿では監督の指示を無視し

ポジションを無断で変更したということもあり、
これが前科といわれることもあるようです。

このあたりの自己主張の強さ
ちょっと中田英寿と似ているかもしれません。

原川力の前科とは?まとめ

スポンサーリンク

「原川力の前科とは?中田英寿似のプレースタイルで海外の評価は?」

どうでしたか?

小学校の頃から、時間を見つけては
海外サッカーのDVDを繰り返し見ていた
という原川選手

天才肌のMFはリオの地で
輝くことができるでしょうか?

リオの地で輝くことが出来れば
海外の評価が上がり
海外移籍の可能性も高まります。

多くの逸材で溢れる
このポジションで「違い」をつくれる
プレーヤーに成り得る

原川力から目が離せません!!

関連記事関連記事

【リオ五輪U23選手一覧】
サッカー
👉若手有望選手はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。