下村博文元文科相にスキャンダル!加計学園から200万円の違法献金の疑いを、週刊文春がスクープしています。

詳細は2017年6月29日(木曜日)発売の週刊文春で報じています。

 

もし、本当に下村博文氏に加計学園から違法献金が渡っていた場合は、逮捕起訴になるのでしょうか?

 

早速調査してみたいと思います!

 

Sponsored Link




下村博文の加計学園スキャンダル内容

下村博文氏が加計学園から受けたとされる200万円の違法献金は、2013年に行われた「博友会」の入金表で明らかになりました。

学友会とは、文部科学大臣だった下村氏の講演会のことで、たびたび大規模な資金集めパーティーが開かれていたそうです。

 

この「博友会」の入金表によると、2013年9月27日に100万円の入金が行われています。

また翌年の2014年には、10月10日付でさらに100万円が入金されています。

 

政治家の資金集めパーティーで100万円もの大金を支払っていた加計学園ですが、この金額は周りと比較してもずば抜けて高い金額です。

周りと比較しても高すぎる入金額を見ると、やはり普通の常識から外れているように感じ、著者のような一般人の目から見ると疑いの目を持ってしまいますね・・。

 

下村博文の加計学園から違法献金の金額は?

下村博文氏への加計学園からの違法献金?の金額は、今回の週刊文春の取材では200万円とされています。

 

しかし、2012年から2014年の3年間で下村博文氏の収支報告書で報告されていない不明な寄付が約1,000万円以上もあるようです。

 

下村氏への約1,000万円以上の不明な寄付がどこからされたのかは定かではありませんが、加計学園では?と疑ってみてしまいますね・・。

 

というか、政治家の収支報告書はたびたび問題になりますが、ちゃんとしたチェック機能は働いていないのでしょうか?

 

週刊文春さんには申し訳ないですが、週刊誌が異変に気が付くくらいなのに、ちゃんとチェックする機関は無いのでしょうか?いつも不思議に思います。

 

下村博文が文春砲で逮捕起訴?

スポンサーリンク

Sponsored Link

下村博文氏は、今回の文春砲で逮捕起訴される可能性はないと思います。

 

しかし、政治資金規正法では『20万円を超えるパーティ券の購入を受けた場合、政治資金収支報告書に記載しなくてはならない』と、されています。

 

今回、2013年と2014年の2回に分けて支払われた加計学園の200万円は、下村氏の政治資金収支報告書に記載されていなかったようです。

 

おそらく今後の対応としては、政治資金収支報告書の修正をして、適切に処理するものと思われます。

 

そして、自民党からも何らかの処分が下されると思いますが、その辺の処分の内容についても注目ですね。下村氏は自民党の重鎮だけに、どのような処分が下るか?安倍総理のリーダーシップが問われる場面ですね。

 

【同日報道の関連記事】

 

下村博文スキャンダルの都議選への影響

下村博文氏といえば、現在行われている東京都議選の自民党のキーマンです。

 

今回の下村氏自身の政治資金スキャンダルは、言わずもがな都議選悪い影響を与えるでしょうね。

さらに献金の相手が、あの加計学園となれば、安倍総理大臣の問題も再発しかねない大問題です。