イギリスのサバイバル番組エデン(Eden)が再放送される可能性があるようです。

エデン(Eden)といえば、1年間のサバイバル生活を収録し、その様子を見守るというテレビ番組ですが、実際には1ヶ月(4話)で終了しました。

その際、23人の出演者には番組終了が告げられず、約1年間も出演者たちはサバイバル生活を続けていたということです。

出演者たちは1年間も放置され、なぜ番組の終了に気づかなかったのでしょうか?

その理由や原因、真相に迫ってみたいと思います!!

Sponsored Link




イギリスのサバイバル番組エデンが再放送?

イギリスのサバイバル番組エデンは、当初の予定では1年間のサバイバル生活に密着し、23人の出演者たちの生活を負うという試みでした。

しかし、番組が開始され放送が始まると視聴率が振るわなかったようで、4話を放送した時点で番組の打ち切りが決定してしまったようです。

本来であれば、番組終了と同時にサバイバル生活をする23人の出演者たちもサバイバル生活を終了させるはずですが、どうやら番組終了の事実が知らされていなかったようです。

これに対して番組側は「「エデン」はリアルな実験番組でありその結末は誰にも予想できませんでした。この様子は今年の年末放送します」と回答しているようですが・・放送するなら放送するで、ちゃんと出演者やマスコミに説明すべきですよね!

ただ今回の騒動で分かった事は、「やらせ疑惑」がたびたび持ち上がるこの手のサバイバル番組がガチだったという事実です。

出演者たちは寒さと飢えで過酷な環境だったようですが、本当にガチで取り組んでいたんですね!個人的にはかなり興味のある内容で、再放送や日本での放送をを望んでいます。

1年放置の理由や原因は?

スポンサーリンク

Sponsored Link

とは言え、いくらガチでも番組終了に気付くことが出来たのではないか?と思ってしまいますが、どうなんでしょうか?

23人の出演者が1年間サバイバル環境に放置された理由や原因があるようです。

撮影クルーがいなかった

実はサバイバル環境には撮影クルーがいませんでした。撮影は

  • 定点カメラ
  • 自撮りカメラ

を使用していたようで、その動画を編集することで、番組にしていたようです。

ガチさを出すためか?予算削減のためかは不明ですが、撮影クルーがいないって凄い番組ですね。

日本ではあり得無さそう・・(笑)

電子機器が全くない

サバイバル環境には、テレビ、ラジオ、スマホなどの電子機器が全くなかったようです。

当然と言えば当然ですが、渡されていたのは自撮り用のカメラのみ

外部との情報がまったく遮断されていたため、番組の終了に気がつかなかったと思われます。

しかし、出演者は自分の様子が放送されていると思っていただけに、番組が終了していた事実を知った時はショックだったでしょうね・・。

緊急用のトランシーバーのみ

外部との接触は、緊急用のトランシーバーのみに限られていたそうですが、この緊急用のトランシーバーは使われることはなかったようですね。

それだけ番組に出演した人たちが一生懸命、サバイバル生活に挑んでいたということになりますね。

せめて番組企画側は、番組終了を緊急用トランシーバーで教えてほしかったと思います。(笑)

さいごに

イギリスのサバイバル番組エデンで番組終了したにもかかわらず、出演者がサバイバル生活を続けていたことが明らかになりました。

番組企画側は年末に再放送すると主張していますが、どのくらいのボリュームになるのでしょうか?1年間のサバイバル生活放置に見合った内容にして欲しいですね。

1年放置の理由や原因は、完全ガチの外部とシャットダウンされた環境にありました。

サバイバル番組って本当にガチでやってるんですね~