Sponsored Link




都内から目的地へ

都内から約3時間のハイウェイドライブをへて、かの有名な伊香保温泉へ夏休みに温泉旅行に行きました。

都会の喧騒から離れ、そこには青々とした木々と山が広がっています。

昼過ぎに到着して、まず有名なうどんを食しに!青々とした夏の山のなかで食べる大変シンプルでもちもち、太めのざるうどんは格別。

いざ温泉地へ

Sponsored Link

昼食のあと、いざホテルに向かいます。

大きくて存在感のある昔ながらの温泉旅館で、まずは緑茶とお茶うけでリラックスしましょう。

お部屋にあるパズルで子供たちは退屈しのぎができるはず。

そのあとはいよいよ待ちに待った温泉へ行きましょう。

すこしぬるぬるとした温泉のお湯、湯けむりで日常の疲れもとれること間違いなしです。

カップルや御家族専用の貸し切り展望風呂も予約をすれば利用することができます。

このお風呂からの温泉街の眺めがこれはまたきれいで、プライベートで特別な時間を過ごすことができます。

初日のフィナーレは豪勢な夕食!

山菜やお鍋等々、おいしいお料理をお部屋でまったりいただくことができます。

料理

出典http://www.jalan.net

温泉旅行といえばはずせないのが温泉街。

食後に気力があれば夜の温泉街のお散歩もおすすめです。

真っ暗ななかにたちこめる湯煙とオレンジ色のライトは幻想的で、きれいな写真がとれること間違いなしです。

昔ながらの射的やさんや、昔ながらの温泉まんじゅうやさんなど、子供から大人まで楽しむことができるお店がたちならんでいます。

閉まる時間が早いお店もあるのでそこは、要注意です。

そのあとはお部屋に帰り、落ち着いた雰囲気のなかで夏休みの特別番組をテレビをみたり、普段できない会話などをしながら、就寝。

温泉

出典http://www.jalan.net

アクティブに行きたい二日目

二日目は、朝少し早く起きて早速あさゆへ。

他の宿泊客の方々より少し早く起きて、貸し切り状態でつかる大浴場のお風呂は格別。

和食の朝食をとったあとは、近くにある展望台へむかいます。

温泉街を抜けて、旅館街をすすむと、公園と、ロープーウエイ乗り場が見えてきます。

ロープーウェイからは近くの山や温泉街から、遠くの山々まで、晴れた日だと特によくみえます。

小さい子供たちがいれば、テンションがあがること、まちがい無しです。

ロープーウェイからおりると、山道につながっていて、そこを上っていくと青々とした木々や植物にかこまれます。

ふと顔をあげると展望台があり、ロープーウェイからよりもっと遠くの彼方まで眺めることができます。

幸せの鐘があるので、カップルやお父さんお母さん、子供たち、もしくは家族全員で鳴らすと、きっと幸せが訪れるでしょう。

行きはロープーウェイでのぼった山道も、かえりは楽々ということで、歩いて下るのがおすすめです。(熊が出るシーズンもあるそうなので、危ないようであればロープーウェイで下りましょう。)

まるで家族でハイキングや山登りにきたかのような本格的(しかしながら舗装されているので歩きやすい)山道を下ることができます。

ずっとくだっていくと、温泉街のはしにある、神社へとたどり着きます。

映画に出てきそうな風情ある神社なので是非お参りしてみてください。

神社の奥を進んでいくとかの有名な赤い橋があります。

紅葉の時期に訪れても非常にきれいですが、夏の青々とした木々に赤い橋が映えて非常にきれいです。

温泉街にもどったら、お土産屋さんでお買い物したり、足湯につかったり、温泉旅行でははずせない出来立ての温泉まんじゅうを食べたりと、夜とは異なる温泉街の雰囲気を味わうことができます。

ご当地名物のランチや昼食をいただいて、旅館に戻ります。

チェックアウトを済ませたら、駐車場への送迎バスに乗り込みます。

楽しかった伊香保温泉の温泉街もここまで。

夏休みのいい思い出になったでしょうか。

旅館に別れを告げて大型の道の駅へ!多種多様なお土産品がそろえてあるので、どれを買おうか迷うこと間違いなしです。

子供たちがいれば、試食にしたづつみすることもできます。

おみやげ物を購入したら帰路へ。

高速道路で東京方面へとむかいます。

旅もこれで終わりかと思いや、あの群馬名物を食べずしてまだ旅は終われません。

途中で高速道路を下車して、群馬名物の焼きまんじゅうを食べに行きましょう。

昔ながらのお店につくと、お醤油の香ばしいにおいが漂ってきます。

おまんじゅうと聞けば、まあるいかわいらしい形のものがひとつ出てくるのかと思いきや、おだんごのように串刺しにされた巨大なおまんじゅうがでてきます。

一串に四つほどついているので、食べごたえがあります。

ふかふかのおまんじゅう生地にからめられたあまじょっぱいお醤油のタレが香ばしくあぶられていて本当においしい!焼きたてが非常におすすめです。

旅のフィナーレにふさわしい群馬名物でした。

まとめ

温泉でリラックスするのはもちろん、山登りのようなちょっとしたアクティビティから、ご当地グルメ堪能まで色々なコンテンツがつまった旅でした。

アイキャッチ画像引用元:http://www.onsen-portal.jp

スポンサーリンク★