箱根温泉旅行と言えば、箱根湯本駅近くの箱根湯本温泉や山沿いの強羅温泉など温泉旅行を楽しめる安い旅行プランが取りそろえられていています。

移動については、バスが多くバスでの車酔いが心配される方は、山沿いを走るのでバスに乗車する事を避けて、駅近くで温泉に入って帰る日帰りの安い温泉旅行をする方も中には多いです。

駅付近では、商店が立ち並び温泉もあるため、安い価格である程度満足できるため、車酔いで山沿いを走りたくない方でなくても、箱根の日帰り温泉旅行については、とてもおすすめです。

山側まで出れば、他にもたくさんの観光スポットがあり、景色などもとてもきれいですが、そうでなくて、簡易に旅行を済ませたい方には身軽に立ち寄れて、ある程度楽しい時間を過ごす事ができると思います。

日帰りでの温泉旅行であれば、関東に住んでいる方にはとてもおすすめです。

Sponsored Link




海賊船

箱根温泉旅行といえば、バスで湯本駅から元箱根港まで出て乗ることができる海賊船があります。

インターネットからだと安い価格でチケットが手に入り、さらにロープウェイの利用などのセット購入でも安い価格で海賊船に乗ることができます。

バスに乗車する時間こそ長いですが、桃源港まで芦ノ湖を縦断できる海賊船からみえる風景は、とてもきれいで季節を問わず、楽しむことができるので、温泉旅行と一緒にぜひおすすめです。

船の中も、海賊船をモチーフに造られているので、外観もそうですが、船内も船の外と同じくらい海賊船を思い浮かばせるような内装になっているので、桃源台まで行く温泉旅行であれば、ぜひ乗船する事をおすすめします。

安い価格でチケットが入手できる方法もあるので、バスに乗るだけでなく、船にも乗船して箱根巡りをするにはおすすめの観光スポットです。

海賊船

出典http://www.hakone-kankosen.co.jp/

箱根神社

湯本駅からバスで箱根港まで出ると、箱根神社があります。

箱根温泉旅行に出かける方で訪れる方がとても多く、とても大きい神社なので時間が多くあるときは、お金をかけず安い価格で時間が潰せて、箱根温泉旅行を楽しむ事ができます。

気軽に入れる飲食店もあり、わりと安いのでバスで箱根港まで出て神社を一周される方も多いようです。

中でも、平和の鳥居については、おすすめのスポットで湖に面している鳥居から見える風景はとてもきれいで鳥居の下で記念撮影をされる方が数多くいらっしゃいます。

箱根温泉旅行の中では、かなり有名な場所です。

結婚式なども行われている神社で、ここで安い価格で国内で結婚式を挙げる方も多いようです。

山沿いではありますが、片道1時間くらいでバスで出れるので、十分箱根旅行を満喫することができ、山登りなども合わせて体験できますので、とてもおすすめです。

箱根神社

出典http://www.hakone-ashinoko.net

温泉

箱根温泉旅行ですが、箱根には強羅温泉・仙石原温泉や駅前の箱根湯本温泉など有名な温泉が数多く存在します。

温泉旅行ですべて周ると駅前は安い価格で温泉に入ることができますが、バスでの移動など宿泊なども考えると、出費がかなりかかるので、安い温泉旅行と考えるのであれば、分けて旅行する事をおすすめします。

仙石原温泉は最も山沿いに面している温泉なので、空気もとてもきれいで別荘のようにも見えるホテル・宿泊施設も多くあるので、バスツアーで決して安い価格ではありませんが、箱根湯本を一望できる絶景スポットもありますので、山登りが好きな方はバスでの移動も可能で宿泊施設も多くあるので、とてもおすすめです。

山の上にあるホテルなので、自分だけの空間を作ることができ、ゆっくり温泉に入ることができます。

何となく楽しい時間を独り占めする事ができます。

箱根ガラスの森美術館

箱根巡りで有名なのが、箱根ガラスの森美術館です。

温泉旅行と一緒に楽しむことができ、湯本駅から約25分ほどバスに乗車するだけで行けるのでお金がかからず、安い価格で温泉旅行を満喫することができます。

安い価格で購入できるインターネット割引などもありますが、広い公園の中にある美術館のイメージが強いので、館内は美術品だけでなく、庭園を見ながら美術品を眺める事もできます。

食事などもでき、決して安い価格ではありませんが、西洋風のレストランが複数あるので、そこの料理についてもおすすめです。

そこから温泉旅行に出かけるのであれば、バスで強羅温泉や仙石原温泉に出かけることもできますし、バスでロープウェイまで出て箱根登山を楽しんでみるのもいいと思います。

湯本駅からだと、割と立ち寄りやすく箱根旅行の定番ともいえる観光スポットです。

庭園の中も広々としていて、ゆっくりできると思うので、天気のいい日なんかはおすすめです。

アイキャッチ画像引用元:http://blog.ciao3.com

スポンサーリンク★