Sponsored Link




車で行ける温泉地を選ぼう!

安い温泉旅行を企画するポイントのひとつが交通費です。

例えば、公共の交通機関で行こうと計画を立てたとします。

その際に遠くまで足を延ばそうとして新幹線を利用したり、ケーブルカーを楽しもうとすると必然的に費用が嵩み、安い宿を予約したとしてもトータルで計算すると、とても安い温泉旅行とは言えないことになってしまいます。

そこでオススメしたいのが、誰かの自家用車を利用して交通費を割り勘で賄う方法です。

高速代やガソリン代を人数で割ると公共の交通機関よりもずっと安上がりです。

もしくはレンタカーもオススメ。

運転する予定の人をドライバー登録しておけば誰でも運転できるので、自家用車使用よりも事故が発生した時に対応がシンプルになります。

また、温泉旅行は意外に荷物が嵩張るので、車にどっさりと荷物が積めるのは魅力的。

こういった意味でも車の利用はオススメです。

旅

出典www.drwallet.jp

景色をウリにしている地域の温泉がオススメ

温泉旅行の目的のひとつにはどんな人でも必ず「癒し」が含まれるはず。

たっぷりのお湯に浸かって疲れを取るのは温泉旅行の醍醐味でもあります。

そこで、その癒し効果をさらにアップさせるために景色を楽しめる地域の温泉を選ぶことをオススメします。

景色は有名な観光地に限らず、緑が濃いところや水が流れて気持ちが涼やかになれればOK。

高いところから展望できたり、散策できたりするスポットもオススメです。

また、安い温泉旅行を意識するならば、景色を堪能する為に入場料などが掛からない、自然のスポットがいいでしょう。

安いだけあって整備が完全でないこともあるので、下調べなどは万全に!

無料でなくても安い、納得の入場料で景色を眺めてリフレッシュできるのならば足を止めてみる価値があるかもしれませんね。

自然の景色は、誰に対しても平等に素晴らしい姿を見せてくれます。

温泉

出典https://www.green-hotel.jp/

有料観光施設がやたらと多いところへは行かない

温泉旅行を企画する際に、「温泉に入るだけではもったいないから、オススメ観光施設の充実しているところがいいかな」と勘違いしてしまう人がいます。

確かに宿泊施設に入る前の時間調整で近くに楽しめるスポットがあれば、時間を無駄することもないでしょう。

でも、せっかく安い温泉旅行を楽しみたいと企画をしているのに、安いとはいえ出費を予定してしまうのでは本末転倒です。

もしも、「観光施設がそこにあったら行きたくなってしまうかも?」と心配になってしまうのならば、最初からないところを選ぶのがオススメ。

そうすれば「今度来たら行こう」と未練を残すこともありません。

温泉旅行に行くのならば、あれこれと旅程を詰め込まないゆったりプランニングが一番のオススメです。

そうすることで、本当の意味で安い温泉旅行が叶います。

パッケージツアーが安い・楽ちんでオススメ!

なんとなく出掛けたくなる行楽シーズンの前になると、各旅行会社が温泉旅行のパッケージツアーの募集を行います。

今はネットでも検索できるし、お金を掛けないチラシなどでの告知も多いようです。

こういった告知をマメにチェックすることも安い温泉旅行を楽しめる近道となり、オススメです。

パッケージの温泉旅行のメリットは、宿泊地へ行くまでの移動と宿泊をまとめて予約してくれるという点です。

つまり、リクエストすれば手配は旅行会社が担ってくれるので楽ができるということ。

旅行は思い立ったら気軽に出発できる方が断然いいですよね。

そういった意味でも旅行会社のパッケージツアーはオススメです。

秘訣はいくつかの旅行会社を比較して、より安いツアーを見つけること。

その面倒は惜しんではいけません。

そして、一緒に行く人と「このツアーで使うホテルがいいね」「これ激安!」と出発前からワクワクを共有することから楽しみましょう。

パッケージツアー

出典http://www.orico.co.jp

温泉旅行の真の目的を絞るのがオススメ

安い温泉旅行に拘るならば、「今回の温泉旅行の目的とは?」ともう一度考えてみてください。

湯治ですか?グルメ?

それもと別の楽しみを求めてのことでしょうか。

いずれにしても、目的を明確にすることが安い温泉旅行計画の決め手です。

もしも「美味しいものも食べたいし、素敵なところに泊まりたい」と2つの目的を果たそうとすると、食事と宿泊先のふたつに費用を投じることになります。

しかしながら、それでは安い旅行のバランスが崩れて、費用が嵩んでしまうでしょう。

そこで最優先したい目的をひとつに絞るのがオススメ。

最優先事項をきっちりと叶えることで、それがたったひとつだったとしても必ずや満足度の高い温泉旅行となります。

あれやこれやと欲張って中途半端に満たされるよりも、確実に楽しく思い出深い旅となるでしょう。

また、最優先事項を決める際に同行者とズレが生じてはなりません。

きちんと意思疎通を図り、納得のいく企画を練ってから出発することをオススメします。

アイキャッチ画像引用元:https://www.green-hotel.jp/

スポンサーリンク★