温泉旅行といえば、草津温泉が昔から定番の人気スポット!

Sponsored Link




温泉旅行といえば、草津温泉!

誰でも一度は聞いたことがありますよね。

草津温泉は下呂温泉、有馬温泉と並ぶ日本三大名湯のひとつとも言われており、古くから有名な温泉です。

歴史の教科書に出てくるような人物、源頼朝や前田利家、明治の小説家の志賀直哉や歌人の与謝野晶子なども訪れたと言われています。

温泉街の中心にある湯畑の周りには、草津温泉を訪れたと言われる偉人100人の名前が刻まれた石碑が立っています。

本当に古くから続く伝統的な人気スポットなのですね。

草津温泉のお湯はとても高温です。

一年中熱い温泉が湧いているので、湯畑からは煙がもくもくと立ち上っています。

泉質は強い酸性で、殺菌力の強いお湯がお肌をつるつるにしてくれるので、女性にはとても嬉しいです。

人気スポットの一つである湯もみを見学することもできますよ。

また、温泉街には古くから建つ建物が多く、レトロな町並みもとてもおしゃれです。

カップルでフォトジェニックな写真が撮れそうです。

お土産屋さんや射的場、無料の足湯施設などがあり、街の散策をするのも楽しいですよ。

そばやお肉など、おいしいお食事処もたくさんあります!

近くには温泉が湧き出る西の河原公園があり、熱い温泉が流れてくる川と、大自然の中の大きな露天風呂を楽しむこともできます。

1泊2日でいろいろと楽しむことができますよ!

浴衣で温泉街

出典http://japan.arukikata.co.jp

カップルの温泉旅行は貸切温泉で決まり!

草津温泉は、日本三大名湯にも選ばれている伝統ある温泉ですが、もう一つ、カップルにとてもおすすめできるポイントがあります。

草津温泉ではなんと、貸切温泉のサービスをしている宿がたくさんあります!

日本のほとんどの温泉施設では、男風呂と女風呂が分かれているのが一般的です。

せっかく温泉に来たけど、彼氏や彼女と別々のお風呂に入るのはさみしいですよね。

箱根や熱海などでも貸切温泉がある宿はありますが、比較的少なく、お値段がはることが多いです。

しかし、草津温泉では貸切風呂付きの宿をいくつも見つけることができます。

安いところではなんと約3000円~貸切風呂付きで宿に泊まることができます。

2人っきりで伝統ある良質な温泉を楽しめるなんて、カップルにとってはとてもうれしいサービスですよね。

貸切温泉で2人の距離がぐっと縮められそうです。

2人で貸切温泉を楽しんだあとは、浴衣で温泉街をのんびり散策するのも素敵ですね。

夜の湯畑はライトアップされるので、煙が幻想的な光に包まれてとてもロマンチックですよ。

そんな景色を見ながら足湯を楽しむのもいいかもしれません。

貸切温泉

出典http://kokoronodoka.jp/

都内からのアクセスも良好!群馬の有名スポットにもついでに行けちゃう!

草津温泉は群馬県にあります。

群馬というと都内からは少し遠く、熱海や箱根に比べてマイナーなイメージかもしれませんが、草津温泉へは電車や高速バスでのアクセスがとても便利です。

東京駅や新宿駅からは高速バスが出ていて、乗り換えなしで一本で行くことができます。

高速バスは都内からだと、片道4時間程度で3600円です。

電車で行く場合は、JR上野駅から出ている特急列車に乗ると便利です。

草津温泉の最寄駅から30分程度ローカルバスに乗り換えなくてはいけませんが、片道3時間程度と高速バスよりも早く着きますよ!

車を持っていない大学生カップルにもおすすめです。

 

また、車で行く方は、他の観光スポットに寄り道してもいいですね。

実は群馬県は、関東一の温泉大国と言われています。

草津温泉の周りには伊香保温泉や水上温泉など、たくさんの有名な温泉があります。

行きや帰りに周りの温泉に立ち寄って、泉質の違いや町並みの違いを楽しむのも面白いかもしれません。

また、この機会に最近世界遺産となった富岡製糸場を訪れてみるのもいいですね。

 

Sponsored Link

まとめ

古くから多くの人に愛されていて、今でも人気スポットの一つである草津温泉。

この伝統ある温泉を貸切で楽しむことが出来る宿が多いということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

歴史と伝統のある草津温泉を貸し切れるなんて、とっても贅沢な気分になれますよね。

2人っきりでゆっくりと温泉に入れるのはカップルにとっても魅力的だと思いますよ。

また、周りに気を使わずに自分たちだけでゆっくりと過ごせる貸切風呂は、カップルだけでなく、お子さんのいる家族にとってもうれしいですね。

今年の夏はぜひ、草津温泉へ貸切風呂付きの温泉旅行に訪れてみてください。

アイキャッチ画像引用元http://www.kusatsu-onsen.ne.jp

スポンサーリンク★